映画:ミッドナイトラン

  • Posted on
  • by
  • in

ミッドナイトラン、鑑賞。

これぞ映画、これぞハリウッドと思える作品。この映画好きで数年ぶりに観たぐらいなんで私の中では超好きな部類に入るかと思います。

見終わった後じっくりと感慨に浸る、というほどでもないというか。いやそんなことないな。感慨には浸るのですが芸術性がどうのこうのいう作品ではないと思います。

コメディで笑ってアクションド派手で大規模で。そんで泣かせてからのドンデン返しの連続、てな感じなので。

最後は緊迫のシーンなんだけど笑いも中にあって。

スカッとカタルシス炸裂してさらにドンデン返し。そんでちょっとしんみりさせてストンとエンディング。

ロバート・デ・ニーロ主演。

bail bond service っていう業者がいて保釈金を立て替えて払ってくれるのです。で、その業者と契約してその被告人を公判に間に合うように連れてくる専門職の賞金稼ぎがいるのです。デ・ニーロはその賞金稼ぎ。

賞金稼ぎのテクニックがすごい。ライバルの賞金稼ぎも出てくるのですが、そのライバルはデ・ニーロのターゲットの被告人を横取りするためにデ・ニーロの居場所を探すのですが、いとも簡単に居場所を突き止めちゃうのです。現実には無理かもしないのですが電話一本でサクッと解決、みたいな。こういうオモロイ賞金稼ぎならではのテクが出てくるのも本作の魅力の一つ。

映画っていいな、と思わせてくれる作品です。

商品の説明

Amazonレビュー

元はシカゴ警察の名うて刑事だったものの、今ではどんな危険な仕事でも請け負う「バウンティ・ハンター」として生きているジャック(ロバート・デ・ニーロ)。そんな彼の新たな仕事は、ギャングの金を横領して慈善事業に寄付した男マデューカス(チャールズ・グローディン)を見つけ、ロスに連れ帰るというものだった。まもなくマデューカスは見つかるが、彼の命を狙うマフィアと、逮捕しようとするFBIの双方に狙われながら、ジャックらは珍道中を繰り広げていく。
名優デ・ニーロが何とも粋な男を好演し、彼自身自作の中でも大のお気に入りだという、実に快活なアクション・ロードムービー。どこかとぼけながらもヒューマニズム漂う男ふたりの旅は、どこかせつなくほろにがい余韻を残してくれている。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)
ロバート・デ・ニーロ主演のサスペンスアクション。逃亡者と賞金稼ぎ、追う者と追われる者の奇妙な心の交流を描く。