Results tagged “夢日記”

夢日記 : 究極の8本指手洗い洗濯機

  • Posted on
  • by
  • in

洗濯機のイノベーション。ドラム式やら斜めドラム式やら、が夢の中で勝手に進んで行く。究極は手洗いということでドラム内に手の形をしたマニピュレーション機器がモミモミ手洗い、で決着!

と思いきやその5本指手洗いでもメーカー間のバトルが始まります。5本指両手でのモミモミ手洗いの仕方でイノベーション&宣伝。

リアル・ワールドでは、

リクライニングチェアーの手揉みのモミモミが親指の当て方の塩梅所では済まず。さらに温熱でモミモミ、とか。
どっかの研究の動画であった記憶だけど衣服を画像認識して自動で折り畳み

とかが夢に影響しているっぽいよ。

5本指の手揉み洗いの仕方がいかに良いかのバトルになっていて。そこでインドの河で洗濯している風景がいきなり入ってきて。本格的に手揉みの方法、のイノベーションバトルになってきます。

で、インドには伝説的な洗濯をするカーストの階層があって。
そのカーストの民族は遺伝的に全員片手の指が8本あって。

その8本指を生かした凄まじい手揉み洗いができるらしい。よく分からないけど…。
それを導入した洗濯機メーカーがインド風味やらその謎の伝説的洗濯民族?を誇張してすごい宣伝をしているみたいな…。

という謎の夢でしたよ…。

洗濯機買おうとか全く思っていないのにな…。

夢日記 : 外資系に転職

  • Posted on
  • by
  • in

何故か外資系の某超有名企業に転職したことに唐突になっています。就任初日は挨拶というか気合を示すスピーチを従業員の前でしないといけないらしい。

所信表明を雄叫びを上げたりしている他の人達。オフィスのリーダーが携帯端末やらiPodやらiTunesやらのhackがみんなで楽しんでいるのを説明。だったら俺も、ということで皆んなの前でスピーチ。そういうhack大好きだよ!ということを自分の番で雄叫び。でも例によって声が出ない。出にくい。そうことを言おうとしたがうまく喋れない。喋っている内に口からボロボロとロゲロゲを吐いている自分...。

というのを全部英語で考えたり言おうとしているみたい。で、口周りがモタモタしていて喋れないのがおかしいので大声でハッキリと何かを英語で言おうとする。と、実際に発音してしまい、その声で起きる自分...。これよくあるケースです...。夢を夢と自覚してないパターンね、これ。

参考:
「サブ的」 in English (R0cK_80y-1vv4'5_8l05_t3mpl3)
ジスサルバル&ウェドネスデイ (R0cK_80y-1vv4'5_8l05_t3mpl3)

夢日記 : 謎のゼミ合宿

  • Posted on
  • by
  • in

UNI_0508

大学時代のゼミで他の大学のゼミと合同で合宿しているらしい。他の大学のゼミと合同で合宿なんかした記憶無いし、どこの大学かも全く分かりませんが、夢なので普通のことになっている。

AKIRAメビウス銃夢以降の漫画界はそれらが代表している様なデステックなビル群、機械群の雑居な汚さの表現はコピーしてもいいことになってるらしい。
(という漫画界の嘘事情を勝手に理解しているところから始まった夢らしいよ)


YouTubeの動画手ぶれ補正機能すごいかも。少なくともiMovieのより解析時間もめっちゃ短いし補正の塩梅もめっちゃ自然。前半の観客の背越しに撮影はブレが目立たない。iMovieだとこの辺も手振れ補正丸分かりの変な画像。後半の自分が動き出す所はiMovieと同様の補正しても変な振れが目立つ動画になってます。

夢日記 : 120725

  • Posted on
  • by
  • in

ヘッドフォン型の音楽再生デヴァイス?楽器?を試作してるらしい。でも耳につけては聞かない。ヘッドフォンの形してますがそれを振ったり捻ったり叩いたりで色んな音が再生され、DJ的に遊べる楽器。ボイスとかのフレーズの録音も出来てそれをトラックに混ぜてラップ的に再生も出来る。ここぞという時に変なふうに捻ったり叩いたりするとブレイク・ビーツが入って面白いみたい。しかももう1台あると自動でシンクしてDJバトル的に対決出来たり、同時に同じリズムで再生出来たりする。振ったり捻ったりする動作がダンスに合わせた派手なアクションになってビジュアル的にも映えている。例えばヌンチャク的に振ったりとか。あとはストリートダンスの振り付けに活用したりして楽しめたりする。というのを試作してるらしいんだよね…。何故か急にダンサーの女の子が出てきてテストしてもらったら面白いから頂戴とか言われた。

楽曲トラックの作成は何故か西寺郷太が協力してくれたりしてるらしい。ちょっといじってもらった間にコーネリアスの曲をサンプリングしてあっという間にトラック作成。開発陣はさすが西寺さんと驚く。

友人たちと港に停泊している郵便船の見学に行くことになった。友人の友人(女性)が船員として働いている。
その名の通り郵便物を長距離運搬する船らしい。

岸壁に横付けされたその船は港湾の灯りに照らされ真っ赤な色をしていた。
赤い船体はつや消しの質感で暗く、汚く見える赤。
カーフェリー程は大きくないが内部の倉庫に車2,3台積めるぐらいの大きさ。

乗る前にすぐ側の小さな雑貨屋でジュースやお菓子を購入した。
店内を白銀灯が強く照らしていて商品が全て青白く見え、まずそうなことこの上無い。
人工的なその様はどこか香港映画の路上の情景にも似ていた。

タラップを渡り船内へ。船内のホールで船の説明を受ける。他にも客は20人ぐらい。
木製のステージ。何故か幼稚園の古びた体育館を思い起こさせた。

船内見学。郵便船の中に店があったが先程の雑貨屋を小さくした風情。白銀灯の趣は全く同じで強く照らし過ぎ。
女子船員とお菓子を食べながら雑談。
下船後、財布を忘れたことに気づく。

郵便船は川を走っているので車で追う。車は2階建てバスで自分は2階にいる。川沿いの道で船を追う。
その道は舗装ではなくタイル張りだし道幅が細すぎる。歩道のように見えた。

バスが川に落ちそうなくらい狭くて危ない。向こうから車が向かってきた。
2階から見てるとどう考えてもすれ違えない道幅だけど、すれ違えた。
遠近法で狭く見えてしまうらしいのだ。

中々船に追いつけなかった。やっとのことで追いついても道が途切れてしまい、川の反対側の道に橋を渡って行ったり。
携帯で船に連絡。船を止めて財布を探すことに。女子船員と一緒に財布を探す中で、恋愛的な何かが盛り上がったらしいがよく覚えていない。

--

暗さと灯りと照らされるものの色が印象的な夢だった。

郵便船
(てそんな船実在するのかどうかは全く知らないです。ググってみたらそんなデカい船は無いみたいね。漁船みたいな色と形が多いの?)
船内での雑談
(夢の中では完全にスキップされてました。)
2階建てのバスでの追跡
(歩道の細さ、絶対にすれ違えないのにすれ違えて遠近法だからって納得してるけどさっぱりイミフ。)

またまた夢日記なんですが、危険が危ない内容で危ないよう、大丈夫かおいら?

(下記のカッコ内は夢の最中で思ったことじゃなくて、現在の現実の自分から夢の中の自分へのツッコミの声だと思ってください。)

誰か知り合いの一軒家を大掃除。高そうな絵画とかが一杯ある。
(あるのですが、何で知り合いと認識しているかは一切不明なんだよね…。)

高そうな絵画も運搬しては箪笥の上にどっさり重ねたりしてます。
(なんで高そうな絵画なのかな…?)

で気づくと自分の膝がぱっくりと切れています。凄まじいほどの切れ方。直径10cmぐらいのすぱっと綺麗に断面図。
(超怖いーのだが全然怖くないみたいよ)

スパッと切れているので全然痛くなくて急いで押さえればくっ付くーと思っているのでくっつけます。するとくっつきます。
(すげぇー!この辺漫画ブラックジャックとかの影響っぽい気が)

で、そばにいた猫がよろよろ歩いているなーと思ったら胴体の首の胴体寄りの箇所がほぼ全部切れてて辛うじて一部繋がっている状況なのが見えます。そんでよたよた歩いているのですが、その切れている箇所の前後がちょっと透明で骨とか肉が透き通って見えます。
(首じゃなくて胴体よりの箇所が切れている、とかのディティールを何で覚えている?認識してるんだろね…?)

慌てて膝と同様くっつけてみるのですが、徐々に弱っていって…。家の猫の座布団に寝かせますが弱っていって死んじゃったっぽい…。

で、何で切れたかというと突如豪邸じゃなくなっていて…。
(そもそも家の猫のポジションである座布団も見えてたので超矛盾ですが)

空港の荷物コンベア運搬施設的な場所になっていて梱包だがなんかの処理で細い糸がピュンピュン荷物目がけて鞭のように打ち付けているんですね。その側に近寄り過ぎるとその糸でスパッと切れるらしいです。で、膝と猫が切れたことを認識したみたいです。
(何が何だかさっぱり不明…。で起きたらしいです…。)

という夢でした…。

またまた脳ミソの筋違えそうなくらい破天荒な夢を見たのでメモ。

下記のカッコ内は夢の最中で思ったことじゃなくて、現在の現実の自分から夢の中の自分へのツッコミの声だと思ってください。

寝てたらとんでもない大地震で飛び起きたかなり早朝、らしい。2階の窓から外を覗くとそばの海が尋常じゃない波打ち方してたかと思うとスーっと水面が低くなっていく様。これは完全に津波的なやばい兆候だぞ。

(現在の現実の住居は海なんか全く見えない場所ですし、全く違った風景なんですが。)

これは津波が来る!つって窓開けて2階の窓から飛び降りて裸足のまま富士山に向かって全速力。(富士山?)

他にも登っている人いるけどそれは津波の避難ではなくて普通の登山客みたい。みんな津波舐めすぎだよ!と憤る小生。途中でケーブルカーに乗ろうとするがなんか時刻表的に既に今日の運行は終わったみたい。真昼間なのに。

(寝てて飛び起きた朝だったはずなのにいつの間にか真昼間に…。そして富士山でケーブルカーってなんだよ?)

しょうがないからケーブルカーの始発じゃなくて次の駅まで歩いてそこの売店で地震情報を聞こうと思って売店に入った。

(なんで次の駅なのかは全く不明っす)

売店の中は何故かテレビは無くてラジオのみ。でも地震情報やってない。家族連れの旦那さん、40歳ぐらいに事情を聞いたら既に地震は大丈夫らしいとのこと。津波も被害は無いと。その人はなんか東京でエンジニアをしてる人らしい。なんやかんや話が盛り上がったらしく(夢の中のおいらとその人がね。何の話題だか全く分かりませんが…)、名刺交換して小生は下山することに。

で、アパートに戻ったのですが入り口の2階に上がる階段がやたらへんな構造でボロボロ。階段の下に台車が付いていて動いてしまう。
動かしてなんとか2階のドアに繋げて部屋の中に。
部屋の中はすさまじくボロい。キッチンの床なんか所々穴が開いてます。

トイレも未完成。トイレの便座の陶器を持ち上げて下水口の穴にハメてようやく用が足せることに。ボロボロ過ぎ。
何故か親父が出てきて、ロッカーからゴルフクラブのセットを数え、2本足りない!と激怒。勝手に売っぱらっただろ?と詰め寄られる。ゴルフのドライバーだかなんかの盗難疑い。が、汚い部屋のあちこちを探すと2本出てきて、今度は激怒する小生。

部屋の構造は複雑怪奇なのですが、何故か開かずの引き戸がある。その戸を横に引いて開けると、さらに似たような戸が。それを引いて開けるとさらに同じ戸が、ということを何回か繰り返すと戸が開いて廊下が見えました。

(ってそこ誰の家の廊下?)

そこを歩いて行くと畳の和室。何故かそこに母がいるのですが、私とは家族では無いような複雑な事情があるらしいことを感じ取る小生。

(もうさっぱり意味不明。でもこの辺夢分析されるとやばそうですが…)

そんで急に家の外にいるらしい。2階への入り口は最初のボロい階段だけじゃなく、裏側には鉄製の螺旋階段が。さらに3階もあるみたいだ。螺旋階段は茶色で入り口は厳重に鍵がかかっている。監視カメラも備え付けられている。その階段の2階の入り口のドアを見ると、普通のドアじゃなくて妙に頑丈なドアっぽい。素人?の家じゃなくて圧力団体的な危険な雰囲気…。

てな感じの所で夢から覚めました。

でも全部繋がった夢じゃなくて途中、起きてまた寝て夢が繋がってしまったような気も。

夢日記 : 少年ギャング団の抗争

またまた謎の夢日記です…。おら大丈夫かな…。(,,゚Д゚)

道端で少年ギャング団同士の対決を見ている。銃撃戦の様だが膠着状態っぽい。戦っているのは小学生低学年~中学生ぐらいに見えた。ギャングは民族ごとに組織されてるらしいが何故それを認識出来たのか記憶にない。服装も普通(だったと思う)、言葉も聞こえないのになんで民族が分かるのか不明。
さながら民族戦争だなぁとか勝手に思っている自分。

ギャング団が銃撃戦で侵攻したり退却したりして、一進一退の状態。そのバトルしてる場所が銀行の近くらしい。動けない小生たち(たちって誰だか不明さ…でも小生たちらしいよ…という認識)。一触即発、の雰囲気っぽい。

片方の団が挑発的なダンスを踊る仕草?をして相手の団の低学年メンバーを脅して帰させてるっぽい。ダンスで脅して帰させるってどゆこと?でも夢見てる時は何の疑問もナッシング。
脅された団のボスがそれを見て激怒。
脅したほうの団のボスはガキは殺したくなくてガキ以外は皆殺しだ、とか言ってるらしい。ガキしかいないのに…。

というのが全て何故か恐ろしい映画だった、という夢だった…。
その場にいて体験してたはずの自分がなんで急に映画と認識してるのかも不明さ…。