Results tagged “DVD”

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]、鑑賞。

究極的、漢(おとこ)の友情の物語。

冒頭は1984年の西武球場でのコンサート「SUPER ROCK '84 IN JAPAN」。米ロックバンドがテーマの映画だが日本から始まる。

出演バンドは超豪華。と感ぢるのは小生がオヂサンだからだよな…。

SCORPIONS
  (Yeah! :) 懐かしいぜい!あの曲、Rock you like a hurricane!聞きたいぜ!)

WHITESNAKE
 (ウヒョー!懐かしい!えーとDeepPurpleのボーカルがメインのバンド。これはベストヒットUSA世代にはグッとくるよね?)

BONJOVI
 (これは説明いらないよね?)

等々…。出演者はこのライブのあと皆んな超世界的メガヒットを飛ばしたんですよ!うわー懐かしいな聞いてたな!でもでも…あるバンドを除いて…。

というイントロから始まるドキュメンタリー。

そのライブに出演していた「アンヴィル」はその後…余り売れなかったんです…。

主人公のリップス(ボーカル&ギター)は学校向け給食ケータリングの配達。ロブ(ドラム)は建築作業で食いつなぐ日常風景をドキュメンタリー風の映像で。つらい毎日。

リップスの50歳誕生日に地元のライブハウスでのギグ。現地のファン(Original Anvil fan)はビーバス&バットヘッドそのまま。鼻にビール流しこんで飲む芸。レッドネック丸出し。若いファンもいます。大盛り上がりでケーキを食べるリップス。

その次のシーンはすぐに現実…。

ヨーロッパツアーに出かけますがマネージャーがひどい。電車のチケットが取れてなくて移動出来ないとか。
電話で単語の綴りを伝えるシーンは笑えた。
最初の方はロックフェスに出演なので客が入ってるように見えますが。ライブハウス単独ツアーになっていくと徐々に…。
道に迷って2時間遅刻。リップスはプロモーターと出演料のことで喧嘩。2時間遅刻したし払えないと。

客3,4人のライブの時も。

最終日はなんとキャパ1万人の箱!。客も開演前からポスター持ってたり、アンヴィルの合唱。コンサートも大盛り上がり!に見えたのですが…。
コンサート終了後、客が帰り始めた画面には無常の表示。

客数174人…。

帰国し、また元の日常に戻るつらさ。

あっと、冒頭のファンはレッドネックじゃなくて会社の副社長だったのね。そこで働き始めるリップス。
コールセンターというかテレアポの会社ですね。ちょっと胡散臭い。

EMIカナダに行ってもけんもほろろに断られ。子供も二人。良い父親。

携帯にコールがあってライブが決まるシーン。顔のアップ。ほころんでいく顔。音楽と相まってゾクゾクする。
世界中のプロモーターにテープを送ったら…。連絡が。

エンドクレジットの最後の最後まで観るように。

ラストシーンのライブについてはこれ説明が必要かも。
LOUD PARK '06。タイムスケジュールにはアンスラックス、メガデス、ナパームデスの名前も見えます。幕張メッセ。
会場のキャパシティは2万、の表示。以前のようになっちゃうのかな…。

実は日本の洋楽シーンってかなり特殊で。クイーンもボンジョビも本国で売れる前に日本で火が付いた方が先なんです。
特にメタル系は昔から日本ではかなり充実していて。これには伊藤政則やらロック系雑誌の活動が貢献していたんじゃないかと思います。ネット以前のはるか昔のことですし。

学生の頃、西新宿のビデオ屋に良く通ってました。違法ですが、海外のレアなライブやレアな番組出演を録画したビデオをダビングして売っているショップが幾つかあったのです。(もうYouTubeがある今、さすがに残ってないよな…)
んで、違法なダビングなので買う前にビデオの視聴が出来るのです。テレビデオがずらっと並んでいて。暇だしお金も無いしYouTubeも無い学生の頃、そこに通ってビデオを見まくってました。今で言うアナログ盤の試聴に近いかな?

クイーン (バンド) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1970年代半ば、日本で最も大きな影響力をもっていたロック雑誌『ミュージック・ライフ』が最大限のプッシュをしたこともあり、10代の女性の間で人気が爆発し、アイドル的人気を博した。
クイーンが日本で人気を獲得して以来、日本のさまざまなメディアにおいて「クイーンは本国よりもいち早く日本でブレイクした」という報道がされ続けている。その真偽はともかく、初来日の際には、空港にファン1200人が集結しパニック状態になったり、武道館公演を成功させたりと、日本でも比較的早い時期から人気があったことは間違いない。そのことについては、メンバーも当時から現在まで、ことあるごとに日本のファンへの感謝の言葉を述べており、5枚目のアルバム『華麗なるレース』には、歌詞の一部を日本語で歌った「手をとりあって」も収録されているほどである。

あれ?定かじゃないんだ。でも上記のような雑誌とか伊藤政則とかのおかげだと思うよ。

ボン・ジョヴィ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1984年、アルバム『Bon Jovi/夜明けのランナウェイ』でデビュー。キーボードを多用したメロディアスな楽曲で、デビュー当初はアメリカよりもむしろ日本で人気を集める(これが日本贔屓になった原因らしい)。『夜明けのランナウェイ』は1985年に麻倉未稀によって日本語カヴァーされ、TBS系ドラマ『乳姉妹』の主題歌に使用された。ちなみに同ドラマ主演の伊藤かずえも同曲をカバーしている。

こっちは合っているっぽい。

DVD : ダークナイト

  • Posted on
  • by
  • in

ダークナイト 特別版 [DVD]、ご鑑賞、したのはこれまた結構前なので記憶薄いぞ。

2時間半近くと長いし、とにかく暗いストーリー。

途中のシーンで、あるキャラが登場する所は構造的にアンブレイカブルにちょっと似ていると思いました。最初にアンブレイカブルを見たのは2001年ですか…。実はアンブレイカブルは大好きな映画であり、ブックオフで激安だったため購入して何回かご鑑賞しておったのです。というのはさておき。

ゴッサムシティが以前のバットマンのように悪徳に満ちた町じゃないっぽいです。ていうかこれゴッサムシティが舞台なんだっけ?

人間の嫌な心理をつくゲームは罠だらけだし、かなりダークな気持ちに追い込まれます。映像もやたらダークだし。とにかく濃厚かつどす黒く、暗い気分になりたい映画を見たいときもあるのでそんなときは最適じゃないでしょうか?でもやっぱ2時間半は長いよ疲れるよ…。

007のQが作ったようなギミック満載メカやら建物の仕掛けが登場。これらはサンダーバードは2号に限る、という男の子のおもちゃ大好き魂をかなりそそるものあり。

 

DVD : 25年目のキス

  • Posted on
  • by
  • in

25年目のキス、鑑賞。

ドリュー・バリモア主演ということで、「ラブソングができるまで」となんかテイスト似ています。

奥手でウブな新聞記者が最近の高校生の生態を取材するため、高校に入学…。ダッサダサな人がJocksやqueensを頂点とした米高校のヒエラルキー社会でどうサバイブ、立ち回るのかも見所。

ジョック ウィキペディア(Wikipedia)

ここに米国高校のヒエラルキーの階層図もあります。これは米映画の高校を描く際に必ずテーマとなるので要把握です。映画を実際に見る層は特に関係ないのですが、製作者のクリエイティブ魂がある人は高校の時はオタクだったり、周囲に受け入れられずに主に底辺にいたので復讐をこめてそっと揶揄して階層を描いている、説もあります。

閑話休題。

ラストがグッときてしまいました。が、見る人を選ぶのか、自分が折れてて弱かったからなのかは不明。


DVD : マイ・ビューティフル・ジョー

  • Posted on
  • by
  • in

マイ・ビューティフル・ジョー、鑑賞。

シャロン・ストーン主演のコメディ。ハートウォーミングです。

アリス(シャロン・ストーン)は夜の女で、根っこは人情味溢れる良い人間。なのですが子供を養わなければならなかったり、厳しい境遇から借金の取立てのマフィアとトラブルに。

ひょんなことから知り合った男性、ビューティフル・ジョーに救われます。
ジョーはとても純粋な人間で誰が見ても通じなさそうなサイコパスなマフィアのボスにも話せば分かる、とトークで真っ向勝負をしてしまいます。勝負じゃなくて普通に話す感じで。通じるわけがないのですが、ところが偶然や思惑が交錯して…。

ジョーも脳腫瘍を抱えており、今後はどうなるか分かりません。そしてアリスの息子は言葉が喋れません。加えてアリスの娘の4人。
そんな4人が旅をしていく間に、交流を深めていく。

最後のオチ全く予測できず、かつスカっと爽快でした。笑った。
本当のビューティフル・ジョーとは…。くくくっ。

シャロン・ストーンはやっぱり美人ですね。ショートカットも良く似合う。ディナーに行くときの格好やその他頻繁にかつ大胆にイメチェン。良く見るとさすがに老けてきている感ありますが、世代平均を踏まえると飛びぬけてsuperなんでしょうね。わざと下世話感出しているのでしょうが結局きれいです。あと確か上半身裸のシーンも一瞬あります。

Beautiful Joe (IMDB)

--

映画、読書メモは見てすぐ書かないと駄目ですね…。凄まじく断片的なメモしか残ってないので上記書くのに相当苦労した…。
どれも数ヶ月前のものを書いているので。

DVD : トランスアメリカ

  • Posted on
  • by
  • in

トランスアメリカ、鑑賞。

息子はある女性と一緒に旅に出ます。
見た目は女性の格好している性同一性障害の実の父親なのです。

その父親と旅に出かけるロードムービーです。なのでショッキングなこともありますが、抑圧されるものの悲哀を笑いとペーソスに見事に昇華しています。笑ってほろり。

題名のTransamericaも、アメリカ横断と性、文化やその他をtrans、越えるといういい意味かな。

見終わってから知って驚いたのですが、主演の父親役がSEX AND THE CITYで有名な女優だったとは!てっきり男性が女装していたと思っていました。本当は女性が女装する男性の役を演じていたのですが、これは名演技ですよ。

DVD:ロンゲスト・ヤード

  • Posted on
  • by
  • in

ロンゲスト・ヤード コレクターズ・エディションご鑑賞。

旧作は全く知らないのですが、旧作ではバート・レイノルズが主演だったことを考えるとサンドラーめちゃいい役ゲットですね、というのはオヂサン発言ですか?

いわゆる超A級ジュラシック映画なので見ている間は100%楽しめます。主演のアダム・サンドラーはコメディから何からいい役者なんですよね。

そして、この映画はラップの人とか元アメフトスターとかいい感じで出演らしいのですが全然分かりません。でも楽しめたんでいいんぢゃないすか?

旧作のレンタル価格でぜひ。