映画:翔んで埼玉

  • Posted on
  • by
  • in

翔んで埼玉」はひょんな偶然で劇場に観に行ったのですが。思い出ログとしてブログにメモ。

この映画の微妙なニュアンスは関東圏に在住した人?或いはその手のバラエティ番組を観た人しか分からないかな?

しかも関東圏在住経験者はその微妙な小ネタにハマって大笑い出来たかと思います。

そして劇場に観に行ってなかったらネット配信かTV放映まで待つか、となっていざそうなるとその内観るか、となって結局鑑賞して無かった可能性大です!

で、映画の中では...千葉と埼玉がアホか!ってぐらい地獄の様な茶番劇的なバトルを繰り広げるのですが。

埼玉 VS 千葉 芸能人カード対決とかほんと酷い!

以前ラジオでビビる大木が言った内容が思い起こされました。
(ビビる大木は埼玉県春日部市出身。確か爆笑問題の日曜サンデー出演時の話だったかと思います)

結局千葉だ埼玉だって争っても神奈川県が出てくると...。

横浜と鎌倉と湘南が有るって言われると千葉も埼玉も黙るしか無い...みたいな?


で、小生は生粋の千葉県原理主義者なので!

東京ドイツ村?東京ディズニーランド??何で千葉なのに東京よ!
新東京国際空港、は成田国際空港に改名され漸く溜飲を下げたのですが。

で、本作は本当に酷い茶番劇のオンパ!(レード)。

かなり馬鹿馬鹿しいです。

GACKT様はいつものGACKT様感をさらに超増量させたGACKT様でなきゃ出来ない自身のセルフパロディ的なGACKT様的演技で最高でした!

という上記で思い当たる方は是非ご鑑賞あれ!

超今更感だと思われますが...。
噂には散々聞いていた「人狼」を初体験したのです...。
ここ最近を思い返しても有り得ないくらいの"ショック"を受けました!
人狼??それ何十年前の話?と思った人は読まないで結構!
人狼知らない人はどうぞよろしく。

人狼について詳しくはWikipediaで。
汝は人狼なりや?(Wikipedia)

先月の事。某諸島で一泊二日の会社の合宿があり。
夜は部屋で同室の同僚達と軽く宴会して。でも疲労で皆早く寝ちゃいました。そんで朝早く起きて天然温泉露天風呂付きは超気持ちよかった!朝ご飯もTHE日本旅館の朝ご飯てな感じでこれまた最高よ!

帰りの船では船室で監査役の方と隣の席になり。何故かお互い関連が微妙にある職歴での話題や。
年配同士のお互いの趣味の話で盛り上がった後、昼寝。
そして起きてから船のデッキをブラブラ散歩してたら船後方のデッキで。若手陣から幹部達が開催していた人狼会に遭遇して。
様子見たいから最初は不参加で、って言ったのですが大丈夫大丈夫、という事でいきなり参加させられてもた...。

何となくはルール知ってたし、軽くインストラクション受けたのみで突入!

で、その初めてで「預言者」という役割になってしまったのですが。カードには意味が書いてありますが何をしていいのか全く分からず...。
でも人狼マスターMさんの超凄いファシリテーションやハンドサインやジェスチャーで意味をなんとか汲み取って。

どうしたらいいんだろ?と悩んでいたのですが...。

Tさんが突如自ら自分預言者です、って宣言!
あれ?それ嘘じゃん?本当は俺なんだけどなぁ...と思って様子見で数ターン。

ようやく気づきましたが、これはTさんに皆相当引っ掻き回されてるぞ...と。
完全にその場はTさんに支配されています。という事実を知るのは真の預言者の俺のみ...。

慌てて、いや、私!ivvaが預言者ですよ!って宣言!

するとまだ生きていた残り約10名の方々全員が、それは有りえんわ...、この時点でその宣言は嘘だわ...ivvaちゃん酷過ぎるわ...等など全否定の嵐!

いや!私生まれて初めての人狼だし、様子見で預言者だって宣言出来ずに居たし、ルール良く分かってないし、等など全力で全員に論争を挑みましたが!

でも私が何をどう全力で言い繕っても全員から全否定されてしまう!
これがその"ショック"です...。

あぁ、俺は今誰に何を何と言おうと信じてもらえない状況なんだ...。
そんな状況って普通に生きていて有りえますか??

ナチス侵攻時代のフランスレジスタンスの細胞組織内で。地下の秘密基地に集ったメンバーが突如「この中に誰かスパイが居る!」とかいう様な極限状況??ってのは言い過ぎだなぁ...。

ほんであっけなく死にました...。

その後デッキで何回かやりましたが。何と言うか...。
普段と全然違う脳みそ部分を使って疲れる感じが面白かったです。

また開催されるらしいのですが絶対参加するです!

全く意味のない写真撮影、動画撮影と編集と音楽の練習を続けています。

写真撮影、というか写真サイトのflickrには2006年頃から参加しています。

https://www.flickr.com/people/ivva/

画像のアップロード・ダウンロード、表示には最も特化している?サイトなので本ブログの画像データも実態はほぼflickrに格納されています。
表示用のhtmlコピペして貼り付けてるだけなので...。

でもflickrも元は自社独立ですが、米Yahoo!に買収され...そしてその後またどっかに買収され...。
こないだついに米Yahoo!アカウントと切り離す処理が終わりましたが、超大変そうな作業ねこれ...。

下記は小生の写真が色々転載されたりとか何かしたりしたメモです。

金環日食の写真がGIGAZINEに掲載されてた&写真一家だった思い出
Wikipediaに掲載されている私の写真(120119現在) (R0cK_80y-1vv4'5_8l05_t3mpl3)
Getty Images is interested in another 8 of your photos! (R0cK_80y-1vv4'5_8l05_t3mpl3)
Flickrのofficial blogに写真が掲載された! (R0cK_80y-1vv4'5_8l05_t3mpl3)
私の写真が雑誌「INTERNI」ロシア版に掲載されました! (R0cK_80y-1vv4'5_8l05_t3mpl3)
私の写真がWikipediaに掲載されてます(神田神保町) (R0cK_80y-1vv4'5_8l05_t3mpl3)
Flickr : 私の写真がExploreに載ってた!が既にdropped... (R0cK_80y-1vv4'5_8l05_t3mpl3)
写真 : 自分のFlickrにアップした写真で人気順

flickrのCCのBY-SAという権利で公開しているので。
基本タダで自由に使えるので転載されたりするのですね。

で、その後...。

という3軸ジンバルカメラを衝動買いしてしまい...。

以前は、

ステディカムの簡易版(FLYCAM NANO)のテスト

というように一眼にジンバル構造の機器を買って試していたのですが。
余りにも重心の設定が激難し過ぎで!素人にはとても手を出せない世界だということが分かっただけでした...。

その点上記の【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)は、手のひらにすっぽり収まる小ささなのに4Kで60fpsで、しかも自動機械式のジンバル構造でかなり荒く撮影しても傾きは平行に保たれているんです!
この価格と大きさで!

ちなみにステディカムの商業映画初号作は、映画 : ロッキー1と言われております。

とか言うと【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)は万能かと思われますが注意!
傾きには超強いのですが、縦揺れ、上下動の揺れには弱いです...。

これは構造上しょうが無いかねぇ。てことでGo ProとかさらにDJIでも対抗して発売された、

とかの電子制御系のアクションカムの方が凄いかもしれない。

とかこの辺の比較はジェットダイスケさんとか多数の比較レビューがあるので各自探索の事。

でもオレはこの3軸ジンバルがクリクリ動く感じが凄いオモロイので。てかまだ価格分遊びきって無いので、まだまだ頑張ります!

つまり能の様な上下動が無い様な動きが必要になるのですね。で、これ雑踏でやるとかなりの不審者感あるはずなのですが。

カメラが凄まじく小さいので動画撮ってると思う人、結構少ないのです。

で...色々撮影編集して遊んでいたのですが。

やっぱBGMも必要だな。そして以前動画公開した時はYouTubeでフリーの音源を何も考えずに使ってましたが。

動画とシンクロした音楽作りたいな...と思ってMacにはフリーで付いてくるgaragebandで音楽も作ってみました。

まぁ作曲...とは言えなくて予めプリセットで付いてくるループ音源を組み合わせていただけですが。

動画編集はこれまたMacの無料のソフトiMovieを使っています。

で、撮影した動画素材をiMovieの「イベント」に読み込みで5時間ぐらい...。

で、がんばって動画編集。そして音楽のタイミング合わせのために超低解像度の一番荒い品質の動画を吐き出し。これは10分ぐらいかな?

で、その動画をgaragebandに読み込んで動画に合わせて作曲...いや作曲とは言えないレベルで用意された音源を組み合わせたり音量調整するのみ!

だが音楽ソフトgaregebandにも限界がありまして。
garagebandの限界!

以前twitterとかに書いたけど纏めておきたい記事。

スマートスピーカーは各社のを知人宅で色々試して遊んだりしたのですが...。
結局のところ...1人しか居ない部屋で声を出して?機械に問い掛けるのって非常に虚しく...て寂しいんでないかい?という結論に達しました!

如何にそれが便利だったとしても...。

それだったらスマホの操作で外出時のTV予約とかエアコン、お風呂のコントロールとかの方が寂しくないです。

あ、後もう一点忘れてた!
いつ何時話しかけても動作するという事は?
奴らは?
常にリスニングしていて問い掛けが有ってから起動?
てことは...。
常にリスニングされている膨大な量の音声データを自動的にラーニングしまくりで?プライヴァシーの保護が怖いよ?
でもどうせ、同意条項に同意した事になってるんだろうなぁ...。
CIAとかNSAよりも怖いなぁ...。

とか思ってたら?

実は違くて、ウェイクワード、「OK Google」、そしてAmazon Alexaですと「Alexa」とかをヒアリングする前はウェイクしてなくてリスニング、記録してないとの事です...。
とはいいつつもNSAとかエシュロンとかPRISMとかファイブアイズとか考えたら?

部屋の音とか、リスニングされてて分析されててもおかしくないよねぇ...。

あ、無理か?ウェイクワードで起動かどうかは通信内容をリスニングして分析すればすぐに分かるね。

等と言う妄想小咄はさておき...。

ここで某AmazonのCMの母に肉じゃが問い合わせ&カレー化問題についてもちょっとだけ触れます。

--

・肉じゃがの作り方を母に問い合わせ

 う〜ん。別に母に何かの料理問い合わせても良いよね?
 小生の場合は糠漬けについて問い合わせて糠床を分けて貰ったことあるけど...
 (かなり前にトライして腐らせて廃棄済み...)
 これってマザコン的で気持ち悪いの?
 でも動画見ると「肉じゃがが母さんの味にならないよ」って言ってますね...。

・彼女にお袋の味を提供するつもり...

 味噌汁だったら怖い?
 でも肉じゃがも彼女が彼氏に最初に提供して喜ばれる料理の上位にランク?
 それだけに彼氏が...彼女に強要してるかの様に見えてしまう?

・肉じゃが→カレーって応用イケるの?

 糸コンニャクとかインゲンとかは入ってないのね?
 でも動画見るとインゲンは入っている様に見えます。

・料理教えてもらってる最中に一方的に彼氏が通話切る点

 これが一番良くない!私は経験無いですが母の事を「ババァ」とか呼ぶ中学生的心理スタンスを連想してしまいました...。
 母をぞんざいに扱い過ぎ?

--

という様な上記はさておき。

で、お正月に兄一家と実家で。何故かこの話題になって。

↑ の上記を思い出して!色々遊んでみた際の記録です。

兄一家はspotifyの家族会員になってて。

spotifyで曲色んな流してみて、siriで「今流れてる曲は?」って聞いてみたらほぼ百発百中で!

それぐらいで驚いてたらまだしも...。

姪っ子甥っ子(高1&小学生)と小生(オッサン)とも、spotifyのメッチャマニアックな曲をsiriに問い合わせてみようよ?っていう謎な遊びに突入することになって...。

聞いたことも無いとある南米とかの小国家の国歌をspotifyで流して。すかさずiPhoneのsiriを起動して「今流れてる曲は?」って発声してからスピーカーに近づける...。

するとこれまた百発百中で!

それぐらいで驚いてたら駄目です!

そのマニアックな国歌の〇〇部隊演奏バージョン、とかまで判定してくれるのです!これにはみんなでビクーリ!

多分siri、というかAppleのiTunesとかに存在する曲の音紋?データがsiriのDBに登録されてるんだろうね...?

この辺の仕組みは全く分かりませんが!

今でもsiriは上記の利用法以外は全く使ってません!

YouTubeとかTVとかで、あっ!この曲良い曲!って時にしか使ってません。

これをsiriが無かった頃は...。

昔のAM局かFM局の番組だか忘れましたが。鼻歌で曲名突き止めますよ!特集、みたいな回が有って。

生放送中に電話掛けて、聴取者は鼻歌を歌うんです。

そしてDJやら局の人やら聴取者やらがこの曲じゃないの?って電話しまくる...という番組が有った気だよ!

で、さらに難しいのが映画の場合...。

こんなシーンが有りましたけど何て映画ですか?とか...。

映画評論家の町山智浩さん(@TomoMachi)とかがtwitterで時々散発的に募集してお答えしてたような?

応募期間:
2019年3月11日~4月30日

受賞作発表

一人での情シスは経験した事無いし...。
以前経験したのはヘルプデスクですかね。でも1人じゃなかったし。
ヘルプデスクを格好良く言うと...。

テック・サポート、tech support、ですかねぇ...。

ちなみに!映画のエンディング後のエンドクレジットでは今時の映画では、tech supportとか普通に出てきます!
後、server engineerとか。
後一番面白かったのはcompressionistとかですかねぇ。
日本語に訳すと圧縮屋さんですかね?
この仕事大変らしいですが...。

日本語でのいい記事無いんですよね...。

ジブリのこだわりが今明かされる!ミスもさりげなく残す!! - シネマトゥデイ

上記ぐらいかな?

で、小生は現在?

普通に色々開発はしているのですが...。何故か技術研究開発部的な部署に稼働の数割を割く辞令が与えられております...。

最新の技術は疎いのですが?昔の技術には妙に詳しいので混ぜてみよう?みたいな?

で、自分が応募したのは下記です。

--

助けてよ その質問は 何回目?
ヘルプです ヘルプデスクが ヘルプです
壊れます 形あるもの 必ずね

言ったでしょ そこはケチると そうなると
納品前 壊れがちです なんでもね
新人が すぐに逃げ出す でも分かる

深夜です サーバを止めます メンテです
ありがとう その一言で がんばれる
10時間 バックアップだ 待ちましょう

日曜日 作業できます メンテです
サーバーを 止めてもいいの? 答え無し
情シスの 引き継ぎ書です 3ページ

あの銀行 苦労が分かる 泣けてくる
合コンで 職業聞かれ IT系
日曜日 リモートワーク 便利だね

グーグルさん 答えてくれて ありがとう
一文字の 打ち間違えで 三日間
クラウドが 落ちたおかげで 休憩だ

落ちてます? ああ落ちてます 落ちてます
情シスさん お前の売り上げ 幾らなの?  
通勤中 SecureShell打つ iPhoneで 

休日に メールの件数 3000件
機内でも ネット繋がる 時差5時間
DCで 冷房の中 立ち作業

パスワード ああパスワード パスワード
あの会社 ミスしてくれて 言い訳が

--

色々応募したけど駄目でした、って思い出です。

混線ダイヤルの思い出

「混線ダイヤル」つってもほとんどの人が何それポカーン?状態ですよね?
で、ググっても古過ぎる事象なのか、ピンと来る情報が得られず...。

思い出起こしとしてつらつらと綴ってみたいと思います。

えーと、どこから始めたらいいかな?

で、少なくとも約30年ぐらい前の話なので記憶が定かでは無いので正確性は求めないでね?

その頃...、とある電話番号に掛けると...。
使われてない番号で「おかけになった電話番号は、現在使われておりません...」という様なアナウンスが流れるのですね。これは今と同じかと。
で、そのアナウンスが繰り返されますが、音声が聞こえてない無音のタイミング時に、「もしもーし!」とか大声を出すと、「おーい!」って謎の誰かの声が聞こえるのです。

で、技術的な情報は調べても定かでは無いのですがNTT?日本電信電話株式会社?の昔の電話交換機のバグだかアナログ交換器の所為だかなんだか(調べきれず...)。

「混線ダイヤル」の名の通り、謎の誰かと複数人で会話が出来てしまうのです!

しかも使われてない番号なので無料!そこで複数人と会話が出来てしまう、という事があったのです。

でも音声が流れている時は叫んでも聞きづらいし。

無音の短いタイミングで会話をしまくるのです!だから複数人の会話だと凄い時間かかるよ!しかも皆が叫ぶので混乱しまくりでしたよ!

でも無料なんでね...。

で、番号に依っては混線ダイヤルヲタの人が集っていて。無音のタイミングを利用して順番に話すプロトコルが生まれたりしてて。

そしてそこで、他の「混線ダイヤル」の番号情報とかやり取りされてて...。

どんどん「混線ダイヤル」ワールドが広がっていくのでした...。

今ではそんな事、多分無いと思います。

でも一時期、地獄の様にハマりまくっていたので懐かしい思い出です。

その後、そのムーブメントはダイヤルQ2とかの有料系に繋がっていったんだと思います。

で、ダイヤルQ2事業者の初期のメンバーを調べると、現在のインターネット事業者の大物メンバーになっている人が多かったりします。

てな意味不明なヲタク的な思い出綴りで筆を置きます。

ちょっと前に何気無く録画してて放置してたバラエティ番組見終わって。スゴい面白かった。

それって!? 実際どうなの課
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

2つの企画

■1,000円の中古車買って長距離ドライブしたらどうなる?

ゴクウの声真似してる芸人とかが挑戦。他にもドラゴンボール芸人や似てないけどキャラのカッコ無理矢理させられてて完成度低い芸人と何故かスタッフも...。この辺で細かく小笑いを刻んでいきます。

中古車屋のオッサンがぱっと見キャラ濃そうね...。
運転前に車体、車内チェックすると出てくる危険な感じ。
何故1,000円かも理由が。事故車ではなかったです。

運転し始めますがいきなり不具合が。だけどまぁそういう車もあるかもね?そして距離重ねる度にどんどん不具合が見つかりまくりで危ない感じ。
でも車検通ってるし法律上は?ギリ問題無いみたい。
いろは坂の上りで悲鳴を上げ始める車体...。

■放送作家がYouTuberになれるか挑戦

YouTuberは子供のなりたい職業3位とかのデータ、当たると年収億超えなどの説明。

その番組のチーフ放送作家が挑戦。他にも受け持っている番組多数で売れっ子らしいのですが。
VTR最初の方でその放送作家の一週間のスケジュールが出てきますが。
基本1日3局(東京キー局ほぼ全部。フジ除く、NHKも何回も打ち合わせ)。
そして何かあったら深夜でも呼び出されるという過密&イレギュラーなスケジュール。
でも売れっ子の様子。

同番組の地方版では既に同じ企画を挑戦済。1ヶ月間で放送作家の能力やクリエイティブを駆使、色んな手を使って動画上げ続けたらしいのですが。
その上げまくった動画の結果は...。
総合計再生回数なんと0回!チャンネル登録者数0!
という凄まじく残念な結果に...。

放送後その動画とかアカウントはさすがにバズったとの事。でも今回の挑戦ではそのアカウントの使用は禁止。
イチから検証し直すのが本筋でしょう、ってことで。具体的に昔の企画ではどんな事やってたのかとか番組では伏せられてて。

そしていよいよ全国ネット版、レギュラー放送化で同企画の再挑戦。

MCの大吉先生や華丸、生瀬にもVTR紹介前に冗談交じりで色々釘刺されます。

前回は地方版のスペシャル番組ということで逃げ切れましたが?
レギュラー放送の全国版の番組のチーフ作家という看板を背負って挑戦する訳で。結構なリスクありますが。再挑戦で再び再生回数0、チャンネル登録者数0の結果だったら...。
そもそもこの番組を誰が観るんですか?となりますよね?と...。
これ失敗したらこの番組の放送作家降りないとね?などとカマされて...。

等とホントスゴいリスク抱えての挑戦...。

挑戦VTRスタート。

YouTubeへのアカウント作り方から説明。チャンネル名の効果的な付け方とか。この辺はさすがTV番組。判り易く一気に説明。
YouTubeの昨年設けた収益化条件。動画の総再生時間4000時間、チャンネル登録者数1000人。これをクリアしないとお金は発生しないと。
そんで色々テクニックやノウハウを駆使しては挫折を繰り返し。学んで。

面白いのが街中で一般人に動画見てもらってアドバイス貰ったりするのですが。それらが結構鋭い!普通のTV番組の視聴者のスタンスとは全く違うし、出てこないアドバイス。
この辺を面白く紹介しちゃうのもメディアの自己矛盾感もあって面白かったですね。

基本卑怯な手や飛び道具は...使ってないかな。
最後の手法もちゃんと説明あります。YouTubeでは良く有る手法です。

で、結果は言いません。

ググれば動画どっかにあんじゃないの?面白いのでググって観た方が良いよ。
(て結論になるよね?ならない?)

ちなみにYouTubeのチャンネル名は「ぼく、松本」です。
今、そのチャンネルの動画を見ると非常に味わい深い...。

ナニワトモアレ 全28巻
https://amzn.to/2vBC1gJ

なにわ友あれ 全31巻
https://amzn.to/2vyG7GH

読了。

--
追記:

下記ゴチャゴチャと長文書いてますが。多くの女性や興味無い人には絶対に伝わらないと思うので。
映画「スタンド・バイ・ミー」と物語構造的にはかなり似ていると思います。
映画は88分ですが。漫画は全59巻もありますが。

少年、青年、大人。友人達。成長に纏わる冒険、イニシエーション。そして死について。
その後の話。後日譚。シークエル。
これ以上詳しくは書きませんが。
--

週刊青年漫画誌(ヤングマガジン)に掲載してた不良群像物語とか言うと...。
急激に陳腐化してしまうのでもっと上手く言いたいんだがこれは小生のヴォキャブラリーの問題ね...。
だから下記長文になりますが頑張ってみます!

その手の漫画って...詳しくは知らないけど古くは本宮ひろ志とかから?
そして湘南爆走族、カメレオン、今日から俺は!!
最近ではクローズ、GTOとかかな?
全然詳しく無いんですが。

それらに比べても引けを取らないどころか十分上回って面白かった!

大阪環状族...つっても何のことやらかも知れませんが、首都高で言うとC1(首都高速都心環状線)ルーレット族みたいな感じかな?ってかえって良く分かんないね...。

要は高速に一回入ると環状線でクルクルずっと回れるのでそこでひたすらスピードバトルしている連中のことです。
大阪環状族は元は暴走族出身が多かったらしいのですが。
暴走族の様に集団示威迷惑暴走行為?が主目的ではなく走りの追求に大分労力や時間や練習や車体へのお金を費やす感じかな。

っていうと頭文字Dみたいな走り屋のチーム同士のタイムアタックでの競争とかかと思いきや。
暴走族と峠走り屋系の頭文字Dの中間の様な存在かな。
走りでも勝負するし喧嘩でも勝負するし。

元暴走族が多いのでチーム内ではある程度上下の統率が取れていて(内部抗争も起きまくるんですが)。
そしてありとあらゆる揉め事、喧嘩、闘争が描かれています。

この辺の不良、喧嘩、レースバトル、チーム内での分担、チーム同士の関係性など滅茶苦茶リアルで。

無茶なコースを無茶なスピードでちょっと間違えると...。
生死がかかった運転。
喧嘩バトルはチーム間では何となく?プロトコル?が有って。
例えば10人相手に50人が潰しに行ったら勝って当たり前じゃね?それ本当の勝ちなの?自慢出来るの?将来環状族引退した後にも思い出として話せるの?とか。

と思いきや勝つためにはトコトンまで汚いヤクザ紛いの感もしちゃったりしますがね...。
暴走族の様にケツ持ちヤクザも付いてるチームが有ったり、そのヤクザ同士の関係性からも揉め事が...。
喧嘩もどんどん規模がデカくなったり小さくなったり?この辺も物語の緩急で読ませるね。

作者が元大阪環状族だったってことになってますが。
登場人物の描き方もリアル過ぎてこれ絶対にリアルのモデルいるでしょ?とか思ってしまう感じです。
登場人物も何故かフルネームで登場する人は多分一人もおらず。皆あだ名で呼ばれています。
登場するエピソード、事件もモデルありそうな感じ。
ですがその実際に存在してそうだが、でもファンタジーな所が見事。天才的なストーリーテリング能力。

で、頭文字Dと違うのは田舎の峠じゃなくて大阪中心地?の高速環状線で堂々と制限速度無視のバトルをやってるのに警察は?って事になると思いますが...。
後半は趣変わってきますが前半なんかは完全に警察のパトカーが追い付けないというションボリな事実。

そして料金所どうすんの?とか思いきや料金所は超高速でブッチギリ...。
(ここで環状初心者は、え?そのスピードでこの狭い所突き抜けるの?みたいな)
料金所も完全に諦め状態。

警察も捕まえようと頑張ろうとしますが、そうするとすぐ下道の一般道に逃げて細かく曲がりまくって巻いて逃げちゃうという...。

で、事故シーンも出てきますが...。

ここは多分想像では描けないと思う。
そして事故の一次目撃者となった場合、環状族はどの様な行動を取るのか?取れるのか?とか...。
これは想像で書いたら環状経験者には総批判食らう部分ではあるので。
大事故だし。でも色々迷彩掛けないと...。
経験者の作者が超緻密に表現を工夫した箇所かと勝手に思いました。

だって一歩間違って下手したら経験者(の中でもまだ反社?ヤンチャ?を引きずってる人達?)が、
「オイッ!」って殴り込んで来ても仕方無いデリケートな部分。

頭文字Dではその辺全く描かれてませんし。てか描けませんし...。
でも地元の峠の出身者に聞いた話では命日近くなるとコーナーにお花とかお供え物とか...の世界だからね本当は。峠名やコーナー名は怖くて書けませんっ!

あと他のチームでも持て余してる様なハグレ者、異常者、サイコパスをどうやって追い詰めるのか?とかも面白いです。
(北野武映画以上の?残虐シーンも有りますので注意)

その頃はケータイなんか全く普及しておらず。中盤ぐらいからポケットベルがようやく出てくる感じかね。

なので連絡とかどうするのかというと...揉め事とか抗争とか状況が発生すると各チームに情報担当?というか家電にずっと張り付いる担当が居るんです。
そういう状況が発生したら24時間常時家電に張り付き対応で架電が有ったら即座に電話に出てひたすら情報の受領、伝達、情報の整理をし続けるという担当。新情報が来たらひたすらメモして整理。

(その役割名は描かれてたかな?忘れた。チーム「スパーキー」ではサトシが常に担当していて。しかも先回りしてチームの会長も知らない様な謎のコネクションを駆使してアチコチに電話しまくりで情報収集)

なので各チームのその担当は普段は環状に上がって走ってたとしても状況が発生したらそういう対応に張り付きになります。

情報欲しいというメンバーには整理した最新情報を共有、という。
うーん航空管制?というかバイク便や自転車便のディスパッチャー?という感じかな?良く分かんないけど。

だからチーム内でも普段は全く目立たないし走りも得意じゃないけど、そういうのの特異な才能を持っている人が担当します。(前述の様にチーム「スパーキー」ではサトシが担当)

そういう特異な状況で特異な才能を発揮する登場人物が。話数を重ねる度にチーム内、チーム自体、女性関係等が徐々に積み上がっていき。
物語がどんどん厚みを増していくんです。

そして謎の細かな描写でリアル過ぎて感銘を受けたと言うか経験者じゃないと描けなそうな部分を幾つか。

頭文字Dの車の様にバケットシートに4点式シートベルトで。車の内部はロールバーだらけ。
(ロールバーというのはレース車の様に車の中に鉄の太いパイプが取り回してあって。さらに構造強くするように斜めにカスガイの様にも鉄パイプが溶接)

一応事故って車が転がりまくっても内部は助かる、的な事かと思いきや、それも大事だけどもっと細かい描写が出てきて。高速カーブでの車体の捻じれ対策のためにも入れてるっていう。異常なリアルさ...。

さらに環状に初めて上がる人へのアドバイスとか。

もちろん車のナンバーは色々工作キット完備で隠して(ガムテとかね)。
車体の助手席に雑誌とか置いてあったら、それ横Gでお前の顔目掛けて飛んでくるぞ〜しまえよ〜、とか。

環状高速仕様に合わせたガチガチのサスペンション設定なので。逆に下道のデコボコにはスピード出してたら車体の挙動がやばい位跳ね上がるとか。

他にも細かなリアル描写多数で全く飽きさせない。

そして...肝心な所。
やっぱ舞台が大阪だし?作者も関西人だし?
緩急付けた所で究極の緩和...最高の笑い...爆笑が多数で面白過ぎて全く飽きさせない。

日常での細かな笑いも多数だけど。超究極の限界状態でも笑い取りに行くスタンス?

米ハリウッド映画のクライマックスで主人公のコンビ2人。敵に特攻状態で二人共絶対死ぬけどアメリカンジョーク言って親指立ててGood!みたいな?
(これ通じてる〜?)

そしてそういう大阪だからこそ笑いが分かってるリーダーに人が付いてくるというか。

最後のバトルは泣けた!
ここまでリアルな描写を積み上げてきて?え?大丈夫?全てブチ壊しなの?

そしてその後、超お馬鹿な展開が...。
そこで伏線回収か!すっかり忘れてた!
超笑えた!

そして最終話...。
群像劇の見事な幕引き。

--

で同作家は現在同じくヤングマガジンで
「ザ・ファブル」
https://amzn.to/2Jf91DN
という漫画を連載中なのですが。
これまた超面白い!

主人公は超スペシャリストで日本国内でも一級線の「殺し屋」という職業で、それを描いているのですが。
今回は絶対にモデルなんか有り得ないはずなのですが。何と言うか...これまた異常にリアルな描写が多数で。

今、日本のこのご時世で?殺し屋って職業が成立するとしたら?
ちょっと考えるだけで色んな矛盾や物語性の困難さを想像出来ちゃうよ?

ちょっと人を殺そうかな?依頼したいな?とか思考実験してみて下さい。これは不穏な意味ではなくね。ミステリー小説やTVドラマ、映画とかを立案成立出来るのかの空想として。今現在の日本国内で「殺し屋」って職業成立するの?みたいな?

職業なんで依頼されてからの実行。結果と報酬の受け渡しは対となって必須だよね?依頼方法?金額?受け渡し?はどうするの?相当大変だよね?

この時点で殺し屋職業作品の映画「レオン」、「ニキータ」、漫画「ゴルゴ13」等は脱落していきます。
あ、それらを貶している訳では全く無くて。それぞれ超大好きな作品なのですが。リアル、という部分でザ・ファブルという作品が登場してしまったのでね...。

などの浅い考察を軽々と上回ってくる第一話!いきなり引き込まれ読ませる内容なのです!

何と言うか...元メジャーリーガーのイチローの殺し屋版?表現方法に問題有りますが。
全ての日常のどんな些細な行動にも意味と結果を探し続ける、鍛錬し続ける途方も無い作業。

客観的に考えるとぶっちゃけサイコパスじゃないとやっていけないくらいの人格破綻者かもしれない。
いわゆる日常の近所付き合いとかPTAとか組合とか何か、良く分からないけど同調圧力が働くモノから逃れないとやっていけないというか?

という様な主人公が不得意な所が敢えてミッションとして課され、物語は進んでいきます。

あ、上記は全て小生の空想の思考実験なのでイチローさんは実際には人格者だよね?本質は全く知らないけど。

第一話冒頭から殺し屋、という職業を才能や努力の結果として表現するモノローグから始まります。

--

野球
サッカー
武道
格闘技
数学
科学
絵画
音楽

各ジャンルあらゆる分野に
天才と言われる人達がいる
それはもちろん裏社会にも存在する
そんな男の
少し風変わりな物語

--

という様にちょっと殺し屋という存在を違った切り口で描いてて新鮮かつ面白いんですね。

で...。

ナニワトモアレ
なにわ友あれ
ザ・ファブル

どれにも共通するのですが...。

映画だったらR18?なみの表現なんじゃないの?これ?作画的には一応ボカしてはありますが残虐過ぎ、リアル過ぎ。特に車の事故シーン。ハグレ者への拷問シーン。

っていうのを一般週刊漫画青年誌で表現しちゃう危うさ?自由さ?そしてコンビニで青少年?が買えちゃう危うさ?

まぁただまだ単に目を付けられてないだけ、っていう気もしますが。
コンビニでのエロにはウルサイ昨今ですが、この辺はまだ誰も気に掛けてないご様子?

でもここにも...いずれ...何て言うか...コンビニでのエロを目くじら立てて?ご意見してた人には気づかれるでしょうね。実際漫画雑誌の巻頭のグラビアなんか少年誌、青年誌とも一応水着や下着は着てますが?こっちのがやばいんじゃないの?てな気もするし...。

ま、この辺に所謂一般常識人を標榜しておりメディアでのプレイヤーで御意見番?的な発言影響力を持った評論家やらキャスター、政治家、署名での記事を載せない責任逃れのクソメディアとかが侵略して来たら漫画は終わります。

でも漫画はまだ巨大出版社の最大利益源?なのでメディアのスピン・コントロールが効いているんだと思う?
が、ネットのせいで影響力は落ちているかな...。

なんか滅茶苦茶な文末ですね。

実家に帰省(とか書くと自宅特定されて留守が危険らしいので既に過去です)してました。って書くと実家に小生不在が特定されてまた両親がオレオレ詐欺に...。キリが無いので小生は実家か自宅のどっちかのシュレディンガーの猫状態?ってことで...。

ついに母がガラケーからスマホへ機種変するってんでドコモショップに着いて行った記録です。
下記の様なことがあるかもしれないので...

--

「76歳の母にひどい押し売り......OBとして情けない」 夏野氏、ドコモの契約オプションを批判 ITmedia NEWS

「76歳の母になんてひどい押し売りしてるんだろう。OBとして情けない」──元NTTドコモ執行役員でドワンゴの夏野剛社長は2月22日、自身のTwitterアカウント(@tnatsu)で、請求書の写真とともにドコモへの苦言をツイートしている。

--

ドコモの支店に電話で時間予約して母と行ってきました。

もし少しでも余計なサービスを加入させようとしたら、そのサービス要らないです、つって断る気満々で。更に少しでも騙し系で加入させようとしたら、

「両親共に御社のストックホルダーなので今すぐにIRに問い合わせないと、さらに両親はストックホルダーとして社長宛に親展で封書とか余裕で送っちゃうスタンスなので貴方やこの支店長共々面倒なことに云々かんぬん」

とか紳士毅然たる態度でゴチャ回す?つもりで身構えていたのですが。

全くそんなことは起きず。上記のニュースの影響かな?まぁ明らかに怪しい??小生が横にいたからかもですが...。
('A`) ウヘァ

で、契約体系から諸々の説明も理解済みな小生なので加速度付けて超高速で超早口でやってもらい...(母は耳遠いのでね。署名以外のチェック付けるとことかは私が)
データの移し替えとかもやってもらい。
らくらくホンの解説冊子もギリラスイチで貰えて。(文字大きくて判り易いし丁寧だから分厚い、けどAndroidの設定の細かい所は一切記述無いよ!)

さらに実際の使い方は契約時には一切説明しておらず、無料講習を予約して来て下さいとのこと。まぁそれは分かる。

で全て完了したのが90分後。小生相手でこれだから高齢者だけで行ってたら...。さらに何かと「契約」については超ウルサイ父が行ってたら...。想像するだけで怖い。

父がドコモショップに来てたら支店にしか置いてない契約約款(電話帳並の分厚さ)を取ってこさせることになりかねん...。
(電話帳、のメタファーがもうこのご時世では通じないか...。そしてその支店にしか置いてない超分厚い契約約款は皆さんいつの間にか契約したことになっているんですよ、ちなみに...)

誰かが書いてましたがこの辺の窓口コストが顧客全員に課金されてるんで...。

この辺も高齢者と若年層の分断に繋がりかねないかもね。

いずれ窓口も有料になるかもとか誰かがネットで論じてたかな?実際JTBは試験的に窓口有料店舗とか始めたみたいだし。(これは暗にネットで予約してね、を促すのが目的とか窓口コストが無視出来ないくらいコスト競争厳しくなってきたのが影響とか報道されてたかな。街中の声も賛否両論でしたが。まぁ大手メディアの「街中の声」なんざの切取り方何か全く信用とかしてない小生ではあるので云々カンヌン...←ウザい!)

ちなみに小生、iPhone機種変時はオンラインで購入で自宅で自分で機種変出来たしね。

iPhone6来ました!

その時の価格メモしてませんでしたが、オンライン購入で自宅で自分で機種変出来る人はそうしたくなる程割引価格だったら窓口も空くかもね。そしてより高齢者専門?ITディバイドで分断されたディヴァイドのあっち側?の人がお金払って行く所になるのかな?

でも今後はそれが公平でフェアな商売、競争なんだろう。

という様な薄くて浅い考察はさておき?。

そんで近所の喫茶店で母にスマホの使い方軽く教えようと思ったら思わぬトラップが?!

続く。

--

続き。