映画・読書:清州会議

  • Posted on
  • by
  • in

清須会議鑑賞、&清須会議読了。

三谷幸喜原作脚本監督。TVで放送したのを鑑賞。これが面白かった。あまりにも面白かったため2回観ました。そして原作本も読了。
清須会議というのはうっすらと聞いたことがある記憶程度という日本史歴史知識の小生にとってはちょうど良かった。

清須会議というのは信長が本能寺の変で亡き後、誰が後を継ぐのか後継者を会議によって決めるという会議のこと(既に信長は長男信忠に跡目を譲っていたが信忠も死亡したため、すんなり後継者が決まる訳ではなくなったため...で良かったかな...?)。

会議参加者の4人各人が誰を推してその代わりに何を得るか。陰謀、暗闘、策謀、知力、そして話術で交渉で戦うというのだから面白くないわけがない。とかいうとトム・クランシーのようなスパイ映画、小説に思えてしまいますがコメディです。笑いたっぷりです。歴史劇のような堅苦しいのは一切抜きでほぼ現代語だし。そうそう、原作本は大胆にも各章が全て「現代語訳」になっています。カタカナ語も多数出てきます。

唯一残念なのは映画でのビーチフラッグのシーン。蛇足に思えるけど。原作本では猪追いとなっていました。でもこのシーン削除出来ないんだよな。


法事@141129

  • Posted on
  • by
  • in

忘れないように今更記述。
母方の祖母の法事。雨。父母。母の妹(叔母)、その旦那さん、息子さん(従兄弟)。兄一家(兄、奥さん、長女、長男)、小生の計10人。従兄弟と会うのは何年振りだろうか。多少白髪増えたが体型は変わっていなかった。それに比べて小生兄弟は...。トホホ...。浅草、田原町の善照寺にて法事、法要。その後雨の中浅草まで歩いて鰻屋「鰻 やっこ」にて鰻コースを会食。勝海舟やジョン万次郎も食べた鰻屋とのこと。極めて美味。

IMG_2275

IMG_2276

IMG_2277

IMG_2278

読書:日輪の遺産

  • Posted on
  • by
  • in

日輪の遺産、読了。

しょぼくれた自身の境遇、そして偶然出会ったしょぼくれた老人の手帳。そこから序盤はいわゆるM資金的な帝国陸軍が終戦直前に秘匿した時価200兆円にのぼる財宝を一攫千金出来るか?、というような物語が唐突に始まり惹きつけていく。
過去と現在が交差しながらの章立て。徐々に真相に迫っていくのだが混乱もせずに、むしろ読み易い。
過去の章はその資金をいかに秘密裏に埋蔵するかという帝国陸軍エリートの暗躍っぷりを描写。
そして行き着くのは戦争の悲劇。戦争に関する小説でここまで残酷で悲しい描写は初めてかも。
その後現代に描写は戻るが、結末はなるほど感爆発のカタストロフィ。
浅田次郎作品を読んだのは初めてだったのだが圧倒的筆力、描写力、キャラの強さ、想像力、造形力。他の作品も読みたくなってしまった。


CM集(YouTube)

  • Posted on
  • by

1977-1991 サントリーCM集

SONY・ソニーCM集 (ビジュアル機器)

SONY・ソニーCM集 (オーディオ機器他)

1975-1990 ビールCM集

1975-1985 自動車CM集

読書:コラプティオ

  • Posted on
  • by
  • in

コラプティオ (文春文庫)
コラプティオ読了。真山仁の文庫。政治VSマスコミ。暗闘。裏表紙だと「真山文学の真骨頂!」とのことですがそうでも無い印象。ハゲタカシリーズやベイジンに比べればだいぶ落ちるか。でも面白いことは面白いので一気読みでした。

商品の説明 震災後の日本に現れたカリスマ総理・宮藤隼人は、"禁断の原発政策"に日本復興を託すが、その矢先、一人の日本人がアフリカで殺される。事件の背景に広がる政権の闇を追いかける新聞記者と、宮藤を支える若き側近は、暗闘の末、最後に何を見るのか。謀略渦巻く政治の世界を白熱の筆致で描く真山文学の真骨頂!

iPhone6来ました!

  • Posted on
  • by
  • in

iPhone5からiPhone6に切り替えました。というのの記録用エントリです。
月賦での分割支払いは今月か来月で終わるのでもういいかーって感じで購入しました。128GBのやつ。
SoftBankからオンライン注文で。注文して3日後に届きました。

自分で機種変更するのは初めて...。

まずはSIMカードをいれます。古いのから入れ替えるのかと思ったら新しいのが来て、入れるのですね。知らなかった。これは問題無し。

次の手順が、「電話機切替手続き」。なんじゃそりゃ?
電話をかけてやるか、Webでオンラインで出来るらしい。でも「9:00~20:30 (年中無休)」と手続きできる時間に制限があるらしい...。Webでも??


届いたの夜だったけど間に合うのでWebで手続き。Eメールアドレスの入力欄でiPhoneのメアド入れるのか注文手続きの時に登録したメアド入れるのかで迷った。
「・お申し込みいただいたメールアドレス」というのはWebには書いてなくてメールにしか書いてなかったので迷ったよ。


オンラインで「電話機切替手続き」は簡単。完了メール来てすぐ完了。

次がアクティベーションです。iTunesから。これはすごい時間かかりました。
1時間以上かかったんじゃないかな?

で、Wifiとかメールアドレスのパスワード入れたりLINEの設定したりEvernoteのサインインしたり色々設定多数。

で、触ってみた感想ですが...。iPhone6Plusはデカすぎで嫌だったのですがiPhone6でもでかいです。これは私の手が特に小さいということもあるのかもしれません。

あとiPhoneを平らな机に置いてiPhoneの左端を押すとカタカタする!既にiPhone曲がってしまったかあ!と焦ったけどカメラの部分の出っ張りがあるからなのね。これにはびっくりしました。

MacBookProのHDDが壊れた話

  • Posted on
  • by
  • in

Macを久々にシャットダウンして会社で電源入れたら起動しない!
色々教えてもらってセーフモード?で起動してディスクチェック。HDD障害...。
ちなみに壊れたのは、MacBook Pro (15-inch, Mid 2009)ですー。
その当時のスペックでフルスペックにしたんで50万円超えたんじゃなかったかな?そんなにしなかったかな?忘れたよ...。
とほほ。という金曜日。

土曜日に慌てて秋葉原のヨドバシに行ってSSDを買ってきてHDDから換装。
買ってきたSSDはこれ。
Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 512GB SATAIII CT512MX100SSD1
価格ほぼ変わらなかったのでトランセンドのを買おうと思ったけど店員曰くこっちのが売れ筋、というのに影響されてこれを購入。

一番のトラブルはHDDについている固定用(正確には違うんだけど説明略)のネジが六角レンチの超小さいやつ。うちに精密ドライバーセットがあったのでそれの一番小さいやつでやってももデカくて入らない。
結局ラジオペンチで回すことに。3本目の特殊なラジオペンチで回った!ねじをHDDから外してSSDに付け替える。これでガタガタしなくなった。
最悪ティッシュ詰めてスペース潰そうかと思いました。

なんとか換装完了。でも裏蓋のネジ小さいあまり1個無くしました...とほほ。

で、TimeMachineから復元しようとするも復元先の選択で外付けのHDDしかでない!

SSDをマウントしようとするも出来ない!なんでだ...。と色々調べた結果フォーマットしてないから...。SSDのフォーマットは1秒で完了。

復元先にSSDが選択できた!
そんでディスク復元には3時間ぐらいかかったか。

しかもSSDにしたら動作が体感で早くなった!
HDDからSSDにして一番体感速度上がったのは...アプリの起動。今まではDockの上で10回以上バウンドしても立ち上がらなかったものが今では1回か2回のバウンドで起動するようになりました。

ほんとDIYな家で道具が豊富で助かりました。
あとTimeMachineさまさまです。
ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

ルポ 電王戦―人間 vs. コンピュータの真実、読了。

まず最初に言っておきたいのが棋譜が一つもないところが良いです。

本書では棋譜...つまり将棋の駒の動きを記す図解が一つもないのです。これはすごいです。これだけ将棋のことを描いた本にも関わらず。慎重に読むと敢えてそうしていることが分かります。つまり将棋のことを一切分からない人にも本書の面白さは伝わるということです。
って言ってもそもそも将棋を知らない人にとっては棋譜が無いことの凄さが伝わらないよね?
どっかでよんだ科学的な新書本ではどうしてもこの数式は記述せざるを得ないつってE=mc^2を記述した本があった記憶ですが。

つまりそれ以上にすごいんです!つって伝わるかな?

小生はというと将棋は駒の動かし方とルールを知っているぐらいで超激弱です。

で、本書は非常に読みやすいです。将棋プログラムの発展からその裏側の人間ドラマまで肉薄して描いており興奮して熱く読めました。

やっぱり一番のトピックはBonanzaの出現かと思います。それまでの将棋プログラムはプログラマーが将棋の勝てるロジックをプログラムにいかに落としこむかだったのですが。つまりプログラマーの将棋能力が将棋プログラムを支配していたのですが。

Bonanzaはその手法ではなく機械学習で大量の棋譜をコンピュータに落としこんで自動で学習させるという、今までとは180度違うスタンスで開発してきたのです。それが将棋プログラム大会で颯爽と1位と取得するという。そしてBonanzaの開発者はそれほど将棋能力が高いわけではなく、むしろ専門分野は化学の研究者だったという。この辺の裏側も非常に面白いです。

将棋プログラム、機械学習、人工知能、などに少しでも興味がある人は読むべき良書かと思われます。


今日の英語:1407

  • Posted on
  • by
  • in


今日の英語: I hope you will give me another opportunity. これに懲りずにまた機会をもらえたらありがたいです。
今日の英語: You can microwave leftover spaghetti from yesterday's dinner. 昨晩の残りのスパゲッティをチンしてね。
今日の英語:Good grief! おやまあ.何てこった.やれやれ。 griefは「悲しみ」ですがGood grief!は悲しい時ではなく、あきれた時とか驚いた時などに使う
今日の英語:miniature ミニチュア。スペルにも発音にも「a」が入るのが要注意?
今日の英語:from scratch ゼロから、一から。特に仕事との関連は無いよっ。昔のメモの再記録です...。
今日の英語:「選択の余地がない」There is no choice.There's no alternative.It's Hobson's Choice.えり好みのできない選択
今日の英語:venue (会議コンサートスポーツなどの)開催地, 会場。avenueと語源は同じだと思う。これは珍しく仕事で出てきた英語。
今日の英語:flick⦅主に米⦆映画。 a horror flick ホラー映画。flickの動詞だとパチンと弾く的な意味があるが名詞だと映画の意味もある。
今日の英語:dinger, noun informal. Baseball a home run : he beat the Braves twice with extra-inning dingers.

夢日記:火傷

夢の中で突如としてタバコを吸っている自分に気づいた
夢の中なので有り得ないくらい無茶なポーズで吸っている
自分の皮膚がタバコの火に触れていた
火傷する、と慌ててしまい夢から覚めたのです
そして火に触れていた箇所の皮膚をみたら
なんと驚くことに火傷の痕が残っていた
すごいよね。人体の神秘
というのは嘘で慌てて起きたとこまでが真実です
というのを寝ぼけながら思ったというメモです