読書:ブラヴォー・ツー・ゼロ―SAS兵士が語る湾岸戦争の壮絶な記録

  • Posted on
  • by
  • in

ブラヴォー・ツー・ゼロ―SAS兵士が語る湾岸戦争の壮絶な記録読了。

現存する?史上最高レベルの戦記だと思う。
もっとすごい記録は世に出てない。戦争における任務の遂行は秘密裏に行われるものだから。または成功が目立たないことほど成功だから。
という意味では本書は失敗の記録だ。
戦記というとかなり長いスパンで大規模な戦争と取られそうだが、湾岸戦争におけるSASの8人による作戦の記録。
そしてこの記録は個人の主観で描かれている。とはいっても著者は客観的になるよう注意深く気をつけているのだが。
後半は主観なはずだが、客観的に書こうとしている文体が恐怖感を煽る。何故かと言うと…。

つまり自白を強要される拷問、暴行の連続の記録なので…。もちろんそういう状況の訓練も受けているのがSAS隊員なわけで。
ところがそう簡単にいかないのが人間で、戦争で、さらに極限状態なので。相手が相手だし。

作戦前の作戦立案の打合せ、何かとアクション前に行うチェックのやり方、常軌を逸した重量・装備(補給が受けられないので一人100キロ近く!)。
尿を入れるタンクまで持ち歩くのです。尿で作戦がばれるのを防ぐため。尿は動物その他に影響を残し、敵に見つかるリスクが上がるらしい(地形によるのかも)。

リアル過ぎるリアルさが突き抜けたレベルなので、気持ち悪いのを通り越してあっけに取られるしかない。またはある意味、馬鹿馬鹿しい気もする。
でもそれが戦争…。

解放後、飛行機で護送時に米英の僚機が見せたサービスには感動。