読書:熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

  • Posted on
  • by
  • in

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録、読了。
随分前に買ったんだけど。主にお風呂で読んでいたのでボロボロになってしまいましたが。
面白かった。

内容(「BOOK」データベースより)

大王製紙社長の長男として、幼少時代は1200坪の屋敷で過ごし、東大法学部に現役合格。27歳で赤字子会社を立て直し、42歳で本社社長就任。順調な経営、華麗なる交遊...すべてを手にしていたはずの男はなぜ"カネの沼"にハマり込んだのか?創業家三代目転落の記。そして、刑期を終えたいま、何を思うのか―。出所後の独白を加え文庫化!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

井川/意高
1964年、京都府生まれ。東京大学法学部卒業後、87年に大王製紙に入社。2007年、大王製紙取締役社長になる。同会長を務めていた10年から11年にかけ、カジノでの使用目的で子会社から総額一〇六億八〇〇〇万円もの資金を借り入れた事実が発覚。会長職を辞任した後の11年11月、会社法違反(特別背任)の容疑で東京地検特捜部に逮捕される。13年6月、懲役四年の実刑判決が確定し、16年12月14日に仮出所した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

上記のように東大現役合格、大王製紙三代目として入社するが。苦労して赤字会社を立て直し。名実ともに社長に昇進。
理性も知性も有りそうな人物が何故地獄のギャンブル借金地獄に堕ちていったのか...。

それも世界でも稀に見るクラスのギャンブル地獄へ...。

幼少期からどんな教育を受け、三代目として入社など自身の出で立ちを細かく記述。
就職してからも現場の現場の中からたたき上げで、とてつもない苦労を。

だが、何故...。106億円も凹むか...。そして凹めるのか?どうやって?

マカオやシンガポールでのカジノの仕組み。ハイローラーへの待遇。「ジャンケット」という仕組み。

そしてギャンブラーの異常な心理...。

150万円を4時間半で22億円まで増やした事もある。てことは目の前の20億円を30、40億まで増やして借金をチャラにする事も...。とズブズブとハマっていく...。

バカラ。1ゲームMAXベットで 1000万が普通に。

しかも飯も何も食わず48時間ぶっ通しでプレイ。

さすがにそこまで行くとカジノ側も、休憩取られては?と...。

しかも借金を全部バカラで返済した経験もあるから始末が悪い。

そして拘置所、検察の取り調べ、刑務所へ。罪状は特別背任。懲役4年。
でも会社への負債は井川家の持株等の資産売却で全額返済。だが井川家は大王製紙から放追...。

--

この人、日本のIR?カジノを含む統合型リゾート(IR)のアドバイザーに迎えた方がいいと思うよ。

それだけの経験と知性がある。というか他に誰かいる?学者とかじゃなくてさ?