写真:歪んだ写真をフリーのGIMPで修正する方法(アオリ補正)

ビルなどの高い建物を写真に撮ると、ビルが垂直方向に対して開いてるように、または閉じてるように歪んで見えたりします。
これを修正することをアオリ補正といいます。

本来はじゃばら式のカメラ(ビューカメラ)で受像面を傾けたり平行にずらしたり(ティルト)すると正確に撮影出来ます。

ビューカメラはWikipediaの「あおり (写真)」の項目にアオリ補正の方法の図があるので一番分かり易いかも。

あおり (写真) Wikipedia

が、そんなの今となっては難しい、ってか無理じゃんね?
漫画 課長島耕作で商品撮影ではそうやって撮影してたシーンありますが。

フォトショでも勿論できると思いますがAdobe税が辛いので私はフリーの写真加工ツールGIMPでやっています。

下記が傾いている例です。

20210718_ikebukuro - 1 / 1 (1)

建物が上に行くにつれて垂直中央線の内側の方に傾いて見えます。特に写真の左下を見ると垂直じゃないことがよく分かると思います。
また画面右側の赤い「陽」と書いてある看板の左に建っている街灯の柱を見るとこれも内側の方に傾いて見えると思います。

これをGIMPで修正するとこうなります。(補正甘いのは大目にみてちょ)

20210718_ikebukuro - 1 / 1

で、その方法ですが。

GIMPで画像を開き、補正が必要な傾きの目安になりそうな直線にガイド線を引きます。
ガイド線はウィンドウ内側の目盛り(ルーラー)の外側をクリックして画像内側にドラッグすると線を持ってこれます。
これで幾つかガイド線を引いたあと、画像を変形します。

アオリ補正

メニュー → ツール → 変形ツール → 遠近法 を選択します。
すると下記画像の様に細かく画像内にグリッドが引かれます。

スクリーンショット 2021-08-21 18.16.00

そして画像の隅やどこでもいいのですが画像をクリックして、ガイド線に対して建物が垂直になるようにドラッグしていきます。
下記は左側だけ直線になるように加工した時です。
でもこのままだと左側に写真が引っ張られていて右側がおかしくなっているので右側もドラッグして加工します。

スクリーンショット 2021-08-21 18.16.51

そして変形ボタンを押すと下記のように傾きが補正された写真が完成します。

スクリーンショット 2021-08-21 18.17.30