読書:COMBAT SKILLS 2

  • Posted on
  • by
  • in

コンバットスキルズ―戦闘マニュアル (2)読了。

この本は1も好きで所蔵しております。ちなみに2の章立ては、

1.後方治安維持
2.待ち伏せ
3.夜間戦闘
4.都市部での戦闘
5.迷彩と隠蔽
6.地雷
7.戦争捕虜

となっている。実際の戦闘操典とは異なり、各国の部隊、及び特殊部隊の操典より抽出してある。またさらにイラスト付きで分かりやすく説明してくれる。

特に興味深かったのは、「地雷」の章と「戦争捕虜」の章だ。

ベトコン達が資源の無い中、どのように作成したのか。例えば米軍の不発弾は大量にあったのでそれを元にした、とか筐体はココナッツの殻を用いたり、また電子回路も作れないとき時限式の作成のためにビンの中に水と豆を入れ、その膨張具合で使用した、などなど。

戦争捕虜の章は、実際に捕虜収容所の作成の仕方、また捕虜となった場合にどのように行動したらよいのか?レジスタンス組織作り、栄養、体力、精神面、脱出手法等がこれまたイラスト付きで分かりやすいのである。

また、捕虜として隊列を組むときの組み方で上空に対して「SOS」のサインを送る方法とか。また捕虜として捕らわれ、他捕虜との通信が禁止されている、閉鎖環境、檻の中などで手信号で通信する方法など。

小生の積読タワーの中には、この手の戦闘マニュアルがもう1冊どっかにあったはず。