映画:アップグレード

  • Posted on
  • by
  • in

映画アップグレード鑑賞。

Upgrade (2018) - ★7.5/10 (159,585)

前々から話題になっていて気になっていたのですがアマプラでようやく鑑賞。

監督、脚本は『ソウ』(SAW)シリーズのリー・ワネル

Saw (2004) - ★7.6/10 (379,181)

ソウは全部で8作品のサーガとなっていますが。私観たのは3ぐらいまでだったかな?
とにかく1はホラーとか怖いから嫌い、とか言ってる人でも必見な素晴らしい映画です。怖いしグロいけどね...。
ほぼ密室で完結する脚本演出が完璧な映画の一つです。

で、本作アップグレードですが...。

ある事を契機でPOV視点に。動きが変になる。ぎこちない。微妙にロボットっぽい。
カメラのアングルもかなりスピーディーでクレイジーなソリッドな演出。上下左右がぐるんと回転?
スピードで主人公のロボ具合が良く分かる、メチャ斬新な映像。
格闘シーンはメチャスゴイ動き。とても人間技じゃない。ロボットが合気道の様に最短で関節を決める感じ。
なので同種同士の対決はマトリックスのカンフーみたいになってしまうの?この辺凄い面白い!

下記は紹介文。

アップグレード (吹替版)
IMDb 7.5
カスタマーレビュー 星5つ中の4.4 (974) 件のグローバル評価
1時間39分 2019

近未来。グレイ・トレイス(ローガン・マーシャル=グリーン)は妻のアシャ(メラニー・バレイヨ)と仲睦まじい日々を送っていた。しかしある日、謎の組織に襲われ、最愛の妻を失い、自身も全身麻痺の重症を負ってしまう。失意の中、巨大企業の科学者がある提案をされる。彼の目的は、実験段階にある「STEM」と呼ばれる最新のAIチップを人体に埋めることだった。手術の結果、グレイは再び体を動かすことができるようになる。そればかりか、「STEM」に身をゆだねると人間離れした動きができるようになり、人間を超越した身体能力を手に入れてしまう。さらに、「STEM」は頭の中の相棒としてグレイと対話するようになる。身体能力を<アップグレード>されたグレイは手に入れたこの力を駆使して「STEM」と共に妻を殺害した組織に復讐を誓うのだがー。