読書:フォン・ノイマンの哲学 人間のフリをした悪魔

  • Posted on
  • by
  • in

フォン・ノイマンの哲学 人間のフリをした悪魔、読了

フォン・ノイマンって言う人は...。説明が難しいのでウィキペディアでも見て下さい。
ジョン・フォン・ノイマン ウィキペディア(Wikipedia)

地球上に天才と呼ばれた人は何人もいると思いますが...。パッと私が思いつく限りでは?
ニュートン、アインシュタイン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、南方熊楠、ヒッチコック、スピルバーグ、スティーブ・ジョブズ、とかぐらいかな?
順不同、歴史上の順番もめちゃ、ですが。もっと深く考えれば一杯出てくるかもですが...。

私が最初名前を知ったのは大学時代の講義で、ノイマン型コンピュータ、非ノイマン型コンピュータの概念かな?

で、本書はノイマンの幼少期から彼の歴史と成果、さらに個人的なエピソードまで辿る伝記的な本です。
ですが、面白いエピソードが超多数!地獄の様に超天才なので!本書タイトルの様に「人間のフリをした悪魔」、ぐらいの超天才!

本書より面白いエピソードで記憶に残っている所を抜粋、引用、だけど記憶のままに書くので不正確だけど良いよね?

子供の頃から超天才。お客さんが訪れた時、余興で電話帳のページの丸暗記、電話番号の合計数など暗算。

大学院だか博士課程の試験を受けた時。数学上の未証明の難問題が出題されて。考え始めたら減点、未証明だと答えたら加点。だがフォン・ノイマンは考え始め5分で解を出した...。

米に移民。士官学校の入試で全試験で満点。だが年齢制限ではじかれた...って、事前に教えなさいよ!もし合格してたら...、マッカーサー元帥ではなくノイマン元帥になっていたかも?でもさすがに軍は目をつけて原爆や兵器研究に従事。

原爆の標的委員会で科学者代表で出席。空軍は「皇居、横浜、新潟、京都、広島、小倉」を提案。ノイマンは皇居への投下に強く反対。何故かと言うと占領統治まで見据えた意見。だが一方では京都への投下は強く進言。日本人の意欲を削がせるためにも京都を完全喪失させるべきだ、と。だが軍部は後年、アテネやローマを破壊したに等しいと言われる、と京都は回避。

さらにノイマンは戦後今すぐにソ連へ攻撃するべきだと進言。冷戦を予想してたらしいよ...。

ウィキペディアより引用:

癌は全身に転移。その後も精力的に活動を続け、合衆国政府の相談役として重要な役割を果たし続けた。原子力委員会初代委員長ルイス・ストラウスの回想によれば「あるとき国防総省がノイマンに相談することになった...。移民だった彼のベッドはいまや国防長官、副長官、陸海軍の長官や参謀長達に囲まれていた」という。