読書:COケース・オフィサー

  • Posted on
  • by
  • in

COケース・オフィサー (上)COケース・オフィサー 下読了。

また麻生幾の本。序盤は中々盛り上がらない。それは日本のインテリジェンス体制の歴史を追っていく所にも由来かな。つまりスパイものっぽくは無いと。
中盤から盛り上がり始め。
CO(Case Officer:協力者運営者)とCI(Confidential Informat:機密情報提報者)の話。COは警察庁国際テロ対策課員。元日本赤軍ハンター。各国の情報機関との情報の交換の手法。協力者と会うときの方法。など等の実際がリアルに描かれている、って実際は知らんけどねー。
テロとロマンスと警察内部ネタとバイオハザード・ホットゾーン・トリアージ・アウトブレイク。

同著者のZERO宣戦布告には劣るか。