漫画:今日からヒットマン

  • Posted on
  • by
  • in

今日からヒットマン、読了。6巻まで。連載中。

今日からヒットマン(日本文芸社サイト:無料立ち読みで2話まで読めます。)
今日からヒットマン(Wikipedia)

サラリーマンと裏の世界の兼務ということで、特命係長只野仁と比較される向きもあるかもしれませんが、こちらの方が断然良く出来ています。
単なる営業マンがなぜヒットマンもやらないといけないことに?なぜ"コンビニ"所属の契約ヒットマンにならないと…。サラリーマンが殺し屋として成長するには?営業マン的知識、口八丁でヒットマンワールドを切り抜け。そして裏世界に君臨する謎の組織”コンビニ”。
対立する組織は”スーマー(スーパーマーケット)”。組織は各地域に支店があり、メンバーは店員と呼ばれている…。この辺の描写、裏組織の不気味さ、組織の金にあざとい仕組みなども良く出来ています。

ヒットマン中の緊迫したシチュエーション。そんなときに会社から携帯に電話が!社運のかかった営業中なので、携帯には出ないわけにいかず…。偶然にも殺しにも営業にも意味が通じてどちらをも納得、ビビらせる会話になっていて切り抜けたりとか。
銃器、近接戦の描写も詳しい。弾丸が人体に当たる表現は必ずといっていいほど残酷的で、この辺は今までの漫画には無いリアル感が溢れている。

映画:ヒストリー・オブ・バイオレンス観ないとね…。

特命係長・只野仁(Wikipedia)

ヒストリー・オブ・バイオレンス(Wikipedia)