映画 : ロッキー1

  • Posted on
  • by
  • in

テレ東の午後のロードショーでロッキー全作(1~6)放映してたので全録画して観てたらほとんど一気に鑑賞。ほんとつくづく午後のロードショーっていいよね。宣伝CMも映画秘宝チックで映画秘宝ファンにそのまんまアピールでお馬鹿でいいっす!で、ロッキーは昔は4までしか観てなかった。4は劇場に観に行った記憶。5,6はヒット映画の惰性の駄作だと思って今まで全くノーチェックでした。でも5,6も予想に反して非常に面白かったです。これにはびっくり。
で、まずはロッキー1の鑑賞メモです。ストーリーとかはもういいよね。無名のボクサー兼借金回収業のバイト的チンピラが世界チャンピオン、アポロとの対決まで。エイドリアーン!音楽ロッキーのテーマ。

本作はその映画の背景も色々調べると日本語には無い?言葉「Serendipity」というものを非常によく表しているんじゃないか、とか思いましたヨン。シルベスター・スタローンの俳優としての境遇、ロッキーの境遇、仲間、脚本、監督、音楽、撮影スタイル…。全ての瞬間がこの映画に凝縮され爆発してます。

ほとんどの観光客がフィラデルフィア美術館の階段一気に駆け上がって両腕上げるポーズ取ると思います。その階段はRocky stepsと呼ばれています。
とかいうそんな?豆知識、トリビアなんぞをWikipediaIMDBとかから引っ張ってきます。

--

  • オスカーを3つ受賞(監督、編集、撮影)。オスカーではそれ以外に7つノミネート(スタローンは主演と脚本でノミネート)。
  • エイドリアンのペットショップはユニバーサル・スタジオ・ジャパンのニューヨーク・エリアで再現されている!!!(くそぅ…。昔行った時はノーチェックだったぜ…)
  • ステディカム導入の先駆け的映画。
  • 予算が無かったため試合の観客エキストラをフライドチキンを配るといって募集。
  • 予算がなかったため、パンチで打たれた顔の特殊メイクをラウンドごとに剥がしていく、というラウンドの順番を逆で撮影。
  • ステディカムで小規模でクルー。ジョギングのシーンはエキストラ無し、許可無しでゲリラ的に撮影。それが功を奏してフードマーケットを走るシーンでは売店のオーナー(無関係の人)がオレンジをロッキーに投げるシーンがある。何回も同じ所を行ったり来たり走っているのでがんばれーと投げたらしいとのこと。これも打ち合わせ無しの偶然の出来事。でもリアリティもある良いシーンが撮れた。(Wikipedia日本語ではリンゴになっていますが、IMDBだとオレンジの記述。でもリンゴじゃなかったかな…)
  • 28日間で撮影。
  • スタローンが語ったところによると映画公開後、エルビス・プレスリーからフィルムを持って遊びに来ないかと誘われたと。スタローンはビビって行かなかったがフィルムだけ送った。エルビスは友人達と映画を楽しんだとのこと。
  • フィラデルフィア美術館の階段(Rocky stepsと呼ばれている)の上のロッキーの銅像(ロッキー1では出て来ません)は普段は階段の下の横にあります。撮影の時は階段の一番上に持ってきて撮影。Wikipedia英語版にはその普段置いてある場所と銅像の写真があります。

Flickrで「Adrian pet shop」とかで検索すると、
Mick's Gym with the pet shop in the background
http://www.flickr.com/photos/shirleyd23/4304667959/

こんな写真が!ミッキーのジムとその後ろにエイドリアンが働いていたペットショップが見えます。勿論実在しないのでロケ地跡、という感じです。この人のphotostreamではペットショップ跡地の拡大写真も見れますが、廃墟ですね…これ…。
その他にもこの人のphotostreamではロッキーの家やら色々フィラデルフィアのロケ地が見れますね。

追記:

こんなサイトもありました!
TOTAL ROCKY.com
http://totalrocky.com/filming-locations
トータルロッキー言うだけにロッキー情報何でもありです。上記のURLではロケーションのマップが網羅されています。国内旅行だとフィラデルフィア乗継が多いらしく?(@sasakure_pandaさん情報)乗継が失敗した時に是非。いや、乗継にわざと時間取ってでも行きたいねぇ…。