AIの進化と他国語通訳、会話から妄想と映画の紹介について

AIの翻訳能力や機械翻訳が究極的に?進化したとしても?
予想出来るのは同時翻訳の超賢い版かな?(同時通訳の職業を馬鹿にしている訳では無い)。

同時通訳者はその力量にも依りますが聴きながら翻訳して話す事が出来るらしいが。

でもAI通訳はそれ以上のレベルで、ほぼペラペラでペラペラが通じる事になると推定する。
(日本語のように否定形が文の最後に付く場合等の独特の同時翻訳の仕方をAIが真似る必要はあるが)

だが自分の脳味噌でリアルに考えた内容が直で伝わる訳では無い。
今のところはね...

とか思いきや!

テスラとかSpace Xのイーロン・マスクは...
http://bit.ly/2lt5KY1
https://www.gizmodo.jp/2019/07/neuralink-hello-world.html

脳とコンピュータを"最大1万240個のプローブ=接続端子"で直結するそうな!
危険が危ない!一個一個結線部分?がただれたりかぶれて痒くなったりとかしたら超地獄?

"現在アメリカ当局から認可を受けている脳インプラントの中で接続端子がいちばん多いものが10個らしく...いきなりの1,000倍。"

で、問題は1万個直結すると何が出来るかだけど...

俺の勝手な妄想だけどある程度の「イメージ」は脳味噌同士で直結出来るかも知れないと妄想。
既に何ピクセル×何ピクセルのイメージは送信受信出来てた記憶。

でマスクのやつは...そのぐらいの数行くと...五感の内の一つの味を思い浮かべて相手に伝えるとかぐらいまで行くかも?と妄想。

だが脳神経の複雑さに比べてたった1万個でしょ?とか思うけどあくまでもまだ計画であって。
数十億個まで増やせれば...
でも個人個人の脳神経の発達、組み合わせは全くの別物だけどその頃のコンピューティングパワーを使用すればかなり伝える事が出来るのかも?
各個人の脳部位の測定?練習?トレーニングは必要になるかもですが...

または別アプローチでMRIとかが超伝導の進化で脳味噌に接続しなくても接触型で行けるかも?

この辺は映画ブレインストームが詳しいので是非観て下さい!
https://amzn.to/2lF8Tnq
アマプラ。監督はブレードランナーの特撮監督で有名なダグラス・トランブル(Wikipedia)。
これは何回観たか分からないほど観ました。
SF映画だけど超名作!人生とか記憶とか生きている意味とか...がSFで描かれていて面白いので観て欲しい。
ラストの終わり方が最高の演出です!

ストーリーは...人間の五感を記録、再生する装置の開発。
最初は超巨大設備だけど段々ウォークマン並に...

そして心臓に持病がある主任研究員が深夜残業中に...発作が...
持ち歩いているニトログリセリンを飲もうとしても全身が硬直状態...

最後の足掻きとして...五感録画装置を頭に付けて...

そして研究資金には軍が絡んでいて...

てな感じです。

で、脳神経研究のもう一つの側面について触れておきます。

言語野とか視覚野とか脳のある部分がある役目を果たしている、という研究は...
実際に脳味噌いじくって死んじゃったらやばいので。

交通事故とか色んな事故で脳の事故、欠損による被験者の積み重ねでここまで来たのです。
最初の内はね。

となると、先程の映画や事故での研究の積み重ね、リスクなどを踏まえると...
某研究でも倫理を無視して実行に移したある国家がやりかねない事が想像できるでしょう。

オチなく終わります。

--

というのを会社のスピーチで2分で喋らないと行けないのだが無理なので、詳しくはWebで、の手法のため記述。