映画:ボーイズン・ザ・フッド

  • Posted on
  • by
  • in

ネットフリックス
アマゾンプライム

『ボーイズ'ン・ザ・フッド』(Boyz n the Hood)
受賞とノミネート
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この映画最初に見たの大学生の時で。アイス・キューブとかのギャングスタ・ラップにハマってて観て。アイス・キューブが在籍してたのはNWAというユニットね。

N.W.A. - Straight Outta Compton (Official Music Video)

アイス・キューブがソロになってからも好きで追いかけてました。酷い歌詞なんですがね...。

03. Ice Cube - AmeriKKKa's Most Wanted

そして英語授業のネイティブな米国人の先生にスラングの汚い用語質問しまくってました...。その頃はまだインターネットもイマイチだったので...。

そして就職して海外に行って。まさか運転間違えてComptonに迷い込むとは思いもよらなかったよ...。
その当時はまだComptonも一見してやばい感じだったね...。

黒人少年の青春群像とギャングとの絡みという点では映画「JUICE」とも近いかな?

JUICEはJuice: Original Motion Picture Soundtrack、OSTのクォリティが異常に高いです。

このOSTのせいでEric B. & Rakimにハマって行った記憶。
ジャジーなサンプリングと攻撃的なギャングスタ・ラップのミクスチャーって感じで。
JUICEに出ていたオマー・エップスは北野武監督のBrotherに出演します。

で、本作、ボーイズン・ザ・フッドですが...。
ほんで本作の紹介文。

キューバ・グッディング,Jr. (出演), アイス・キューブ (出演), ジョン・シングルトン (監督)

全米で最も危険な街と言われるロサンゼルスのサウスセントラル地区を舞台に、3人の若者たちの友情と黒人社会の実態を描いた、ジョン・シングルトン監督によるギャング・アクション。

犯罪多発地区として有名なロサンゼルス、サウスセントラル地区。この危険な街でトレ、リッキー、ダウボーイの幼友達は生まれ育った。トレは厳格な父フューリアスのもとで育てられ、恋人と堅実な生活を夢見る若者。リッキーはフットボールの名選手でスカウトが来るほどの有望株。かたや兄のダウボーイはストリート・ギャングに身を持ち崩してしまっていた。そんな3人に凶悪なギャング集団クレンショー組が突然襲撃を仕掛けてきた!

子供時代の仲良かった友達が。「それから7年後...」となって。ギャングの友達と自分は真面目な学生で。でも仲良いのはそのままなんだけど...。

Drive by shootingとか普通に出てきます。怖い。暴力的なシーンもあります。

少年から青年への物語という点ではスタンド・バイ・ミーとかとも通じるかもしれませんが。スタンド・バイ・ミーは田舎の白人の牧歌的な物語ですが。
L.A.の荒んだ街で黒人の少年が成長するということは、どういう意味を持つのか?
勿論主人公のように行ける場合もあるが、周りは皆ギャングになっちゃったよ!
そして友達のフットボールに大学スカウトが来た人...。

ローレンス・フィッシュバーンは酸いも甘いも噛み分けているお父さんなのですが正論で強すぎてついて行けない場面も。
でもリスクもやばい橋も渡って来た感じのツワモノ感。

アイス・キューブは勿論本物の?ギャング上がりなんで?迫力はマジモンだし?ローレンス・フィッシュバーンはタダでさえ迫力有るし。
キューバ・グッディング,Jr.も名優ですしね...。

とにかく街が汚くて不穏な雰囲気で...一発打たれそうな雰囲気が漂っていて怖いです。

ハード過ぎる。黒人が黒人警官にゴミみたいに扱われるシーンも...。

日本人は大学に行って無くても大臣になれる可能性がある、と言えばどれだけ平等な社会で有る事か!

と言えるのは今だけかも...。