ジスサルバル&ウェドネスデイ

前々職の某金融企業に勤めていたときのことです。
外人が多い会社だったので英語での打合せもありました。

※注意!
小生は英語苦手です。相当苦労しました。電子辞書は片時も離せず、Web画面では翻訳サイトと辞書サイトを開きっぱなし。Word、メールではスペルチェック機能必須。
さらに1対1での打合せでは、プリーズ・スピーク・スロウリーと言えますが、多人数打合せだと議論止めちゃうのでそれは出来ません…。従って英語得意な人の横に座って、「今、彼、何て言ったの?」とそっと聞けるように座席の場所取りが肝心なのです!

閑話休題…。

某インド人技術者との打合せの時に苦労した思い出です。

ネットワーク関連の打合せで、インド人が、
「ジス・サルバル・ほにゃららら~なんとかかんとか~。」
と言うのです。ほげ??サルバル?さっぱり分からんチン?

そんでたしかパワポか何かの資料を眺めつつ話すると、ははぁ~、サーバー(Server)のことね。
サルバル~。なるほどねぇー。難しいのぉ。

というよりも何よりも、水曜日Wednesdayを「ウェドネスデイ」と発音している方も居ました。
いや、英語の表記そのまま読み?訓読みではなく音読み?は逆に分かりやすいかもー。
てことはナイフはクナイフってか?knifeね。

と、言いつつ自分の英語発音はもっと中途半端なんだろうなぁ。ネイティブの人にはどんな風に?大変なことに聞こえてるんでしょうねぇ。