映画:帰ってきたヒトラー

  • Posted on
  • by
  • in

帰ってきたヒトラー鑑賞、したのは最初はネトフリで。今回はTV録画で。

ヒトラーの死は遺体がどうのこうのとか南米のナチスコミュニティでどうのこうのとか(落合信彦著、(落合陽一の父))、映画:ブラジルから来た少年とか...

陰謀論大好きっ子、かつナチス、ヒトラー、ゲッベルス研究を趣味で営んでいた小生としては?大好物な映画となりました...。

何故かヒトラーが現代に転生。

それを見つけた売れないフリーのTVディレクターがそのヒトラーのそっくりさん?で一発当てようと思って右往左往。
周りの人も戸惑いまくりですが...やっぱり演説弁舌が尋常ではないレベルなので周りの人を一気に巻き込みまくり!誰も逆らえない強さ!

しかも外国人の流入問題とマッチしてしまう。ドイツ人の歴史上決して言えない微妙な問題を容赦なく切りまくり!

そんで多分突撃撮影しているので何故か周りの人の顔にモザイクが入る時があります、が演出なの?どっち?

TV局の会議に乱入してヒトラーが「コーヒーをどこで買う?」という質問を局員に。「スターバックで買います」という社員に対してトンデモナイとんでも説で言い返し。
それを境に論理も時代も歴史認識もズレまくってるのですが演説の力で会議をあっという間に支配、しちゃうのが面白い所。
この辺のヒトラーの演説力が時代も論理もそもそも認識ズレてるのですが圧倒的なのが面白怖いのでいいです。

TV観てもTV受像機を実現しているのか!とかインターネットも、そしてウィキペディアの「ヴィキペディア」と誤解して。アーリア人の発明の才と探求者たる「ヴァイキング」と百科事典の合成語だ、とか謎の勝手理解。 

後半はうそーん!的な超SF映画展開でびっくり!ちょっとズルい。

この映画、笑うと危険。世界中で売れまくり!ベストセラー小説を映画化!ヒトラーが現代にタイムスリップし、人気芸人に!?ギャップに笑い、まっすぐな情熱に惹かれ、正気と狂気の一線を見失う、世にも危険なコメディ!