月をなめるな

月をなめるな

『その日の試験は“グループディスカッション”でした。
採用希望者が何人か集まって、与えられたテーマについて議論する。
審査官は黙ってその様子をチェックする、という試験です。
私が部屋に入ると、そこには一人の審査官と、7人の大学生がいました。
最初に全員の自己紹介。いわゆる“名門大学”の学生も何人か混じっていたのを覚えています。
自己紹介が終わると、審査官は一枚の紙を全員に配りました。そこに記されていたのは以下のリストです。

・酸素ボンベ(40kg×8)
・飲料水(30L×8)
・パラシュート
・4平方メートルの白い布
・ビスケット
・粉ミルク
・非常用信号弾
・宇宙食
・ライター
・45口径の拳銃
・方位磁石
・無線機(受信のみ)
・救急用医療セット

なんだこりゃ、と私が顔をあげると、審査官は宣言しました。
「あなた方8人が乗っていた宇宙船が故障し、月面に不時着することになりました。
着陸の際の衝撃で宇宙船は大破。あなた方にお渡ししたのは、中から持ち出すことができた品物のリストです。救助隊とのランデブー地点まで180km、あなた方はその距離を自らの足で進まなければなりません。現在の状況下でリストの品物に優先順位をつけてください。質問は一切受け付けません」』

上記以降があっと驚くすごい展開になるので、「月をなめるな」を読んで下さい。

元ネタは、月をなめるなPukiwikiによると、会議が絶対うまくいく法という本とか、NASAとからしいですが。

これが正解かな?Archiveで消えそうで怖いので下記にも。
品目は微妙に異なっとりますが。

さらに,次のようなページを発見した.月(砂漠)に迷ったゲームというもので,これにはNASAの模範解答が点数付きで詳細に記されている.子細は若干異なるが,感じはつかめると思う.NASAの模範解答を引用すると次のようになる.
優先度品目理由
1100ポンドの酸素マスク生存にもっとも必要な用品です.
2水19リットル脱水症状の水分補給に役立ちます.
3月面上の星座図道の方向を決めるための主な手段です.
4濃縮された食べ物体内エネルギー補給の良い手段です.
5太陽電池の入ったFM受信機母船との連絡のため.しかし近距離しか届きません.
615mのナイロンロープ崖の高さを測ったり,怪我をした人を結び付けておくのに有効です.
7注射器の入った救急箱ビタミンや薬などの注射は,NASAの特殊スーツにある孔にフィットします.
8パラシュート太陽光線から自分を守るのに役立ちます.
9自動膨張の救命用ボート軍のボートの中の二酸化炭素ボンベを前進するのに使えるかも知れません.
10照明弾母船を見つけたときに遭難信号を送れます.
1145口径のピストル前進するのに有効な手段となりうるかも知れません.
12粉末ミルク1ケース濃縮された食べ物よりかさばります.
13太陽熱利用の携帯用暖房機日陰でない限り必要ではありません.
14方位磁石月面では磁場は極地化していません.まったく不要です.
15マッチ箱火を付ける酸素はありません.まったく役に立ちません.

「月をなめるな」に関連して
結城浩.さんの回答掲示板「みたいなもの」(by結城さん。下記のコメントを参照)、の既に消されたページなのですが、Internet Archiveへのリンク。
(↑ご指摘により訂正。でもこれをググられてGoogleの結果表示中だと多分訂正線入らない表示だよな…。消して修正だと訂正したことが分からないか…。消して修正してコメントに書くという手もあるか…。とりあえずこのままにします。)
宇宙の銃器

ネット上では非常に盛り上がっていたようです。
「月をなめるな」とか、「救助隊とのランデブー地点まで180km」とか設問内のワードで検索するといろいろ引っ掛かって面白いです。