読書 : 大地の子

  • Posted on
  • by
  • in

大地の子、読了。

フラッと立ち寄ってみた古書店でたまたま目に付いた。
昔、NHKで放送されたドラマを見て強烈な印象に残っていた。安かったので購入。一気読み。

著者の山崎豊子は、他に白い巨塔を読んだことがあります。

白い巨塔もそうですが、大地の子も圧倒的な取材量とリアルで緻密な描写。長い年代にわたって描くので歴史大作的な長編物という感じ。
なので連続TVドラマの原作に向いているのでしょう。人間の情念、情欲と社会問題をたくみに捉えているし。
余りにも面白かったので再読中。再読ももうすぐ読了。

DVDのレンタル(大地の子 全集)は、TSUTAYAにあるかな?
TVドラマの方は上川隆也(Wikipedia)の出世作じゃなかったかな?
ほう…、Wikipediaによると原作の山崎豊子は最初モックンを希望してたのね。後に彼で良かったと言ったそうですが。ほうほう。

あ、そしてWikipediaとかあちこちを調べていたのはこのエピソードを探すためだったのでした。

無名塾(Wikipedia)

入塾者の選考は厳しいが、人の才能を見極めることの難しさについて、仲代は事あるごとに吐露している。例えば上川隆也を不合格にしたことがあるが、その後仲代は『大地の子』で上川と共演した時に手をついて謝ったという。

ドラマ見た人で上記を知らなかった人はかなーりびっくりするでしょ?

そら、後悔するわなぁ…。謝るわなぁ…。という圧倒的な演技力でした。いまだに小生の中では上川隆也を見ても上川というよりも陸一心(ルーイーシン)という記憶になっちゃっているという典型的ファン心理?になっちゃっているしねぇ…。

これ書いてたら他にも山崎豊子の著書を読みたくなってきた。

これ以外にも読書メモ、映画メモ書いてないの多すぎ…。