映画 : 第9地区

  • Posted on
  • by
  • in

第9地区鑑賞。これアバター以来の劇場鑑賞だったかな?
渋谷東急に初めていったのですがあんな所に映画館があるなんて知らなかった…。近くまで寄っても映画館がある街並みにはとても見えないし、まさかあんなビルの中に映画館があるの?って感じだったので上映時間間近だったけど歩きながらiPhoneで調べまくり。iPhoneのありがたさを思い知ったよ。

VFXはゲーム感覚ですがリアル。主人公の昇進した浮かれっぷりと小役人っぷりが嫌味たっぷりに描かれるがちょっとしたミスで残酷なことに。ざまぁ!っとまでは思わなかったけど。ちょっとイイ気味~とか思ってたらさぁ…。

ここまでSF的な危険性ってあり得ないけど、ひょんなことで命に関わるミスって日常に潜んでるよなぁ、と感じた。

最初はスラム街や浮かんでいる円盤の埃っぽい汚さと、政府施設のクリーンさの対比が強調されてる。そして変身が徐々に進む様がヌメヌメと残酷感たっぷり。
傷が化膿してマキロンしても治らない恐怖!の数百倍怖い!(病院行けって)

第9地区について書こうとして調べてたら驚いた。

『第9地区』シャルト・コプリー インタビュー (MOVIE Collection [ムビコレ]

今回は伝統的な脚本による撮影は一切なかったんです。セリフが書かれたモノはなく、基本的に全部、即興でした。それと楽しみにしていた撮影ですが、実はカーチェイスのシーンがあって、結局、撮影しなかったんですけど、ちょっと楽しみにしていました。ただ、1番楽しみだったのは、シーンではなく、全部のセリフを自分が即興で演じられる点でした。

なるほどね。確かにインタビュー多用などモキュメンタリー風味だったし。