「サブ的」 in English

前々職の某金融企業に勤めていたときのことです。
外人が多い会社だったので英語での打合せもありました。

※注意!
小生は英語苦手です。相当苦労しました。電子辞書は片時も離せず、Web画面では翻訳サイトと辞書サイトを開きっぱなし。Word、メールではスペルチェック機能必須。
さらに1対1での打合せでは、もう1回プリーズ・スピーク・スロウリーと言えますが、多人数打合せだと議論止めちゃうのでそれは出来ません...。従って英語得意な人の横に座って、「今、彼何て言ったの?」と聞けるように座席の場所取りが肝心なのです!

閑話休題...。

本社に打合せに行ったときのことです。
打合せメンバーは4人...。日本人ガイジンネイティブ並みスピーカーなどなどの種々雑多な面子で...。

●小生(日本人:英語苦手)。
●デザイナーA氏(日本人:英語ネイティブなみ)。
●C女史(日本人:英語かなりしゃべれる)。
●D女史(外人:日本語かなりしゃべれる)。

一応、日本語が話せない人がいると英語でというルールなので英語で打合せを開始。しばらく進むとつまづく小生。

小生:「えーとえーと、英語で言うと...。」
D女史:「日本語デ、イイデスヨ。」
ということで日本語で会話。しばらくすると、D女史が日本語でつまづきます。

D女史:「エート、日本語デハ、エート...。」
デザイナーA氏:「In English, please.」

などというやりとりが続き、英語と日本語が入れ替わり続く打合せ。

そのうちデザイナーA氏が日本語モードの時、

Aデザイナー:「これはサブ的な意味で、...。」
D女史:「サブ的?サブ的、ッテドウイウ意味デスカ?」
Aデザイナー:「Well... Sabuteki means secondly significance in Japanese」

と答えました。なるほどなぁ~secondly significanceかぁ、うまいなぁ~と思う小生。

D女史:「ナルホド~、分カリマシター。」と言ってました。

その後しばらく打合せが続きました。議題は全然別のテーマに変わってましたが日本語モードの時、D女史が、

D女史:「ココハ、サブ的ナ意味トナリマス。」

としっかり使いこなしているのです!みんなでびくーり。そして大笑い。

覚えたらすぐ実践。じゃないと忘れちゃうしねぇ。

関連:
ジスサルバル&ウェドネスデイ
メジャードーモ(majordomo)の本当の意味
松嶋尚美のジョニー・デップインタビュー
カップヌードルのハラール