BreakingDownを観戦したメモ:総合格闘家 朝倉未来選手企画のアマ1分1Rの格闘技大会

  • Posted on
  • by
  • in

BreakingDown 第1回を振り返って(総合格闘家 朝倉未来選手企画のアマ1分1Rの格闘技)

つっても偉そうな観戦記録では無くて。格闘技観戦の超ド素人の朝倉未来選手ファンが観戦した、っていう観戦メモです。
小生、格闘技経験は無し

で、どれくらい小生がド素人か、っていう履歴は下記に先にアップしておきました...。

忘れない内にBreaking Downの観戦メモを書きたいのですがその前に小生の格闘技観戦歴のメモ

AbemaTVのPPV(ペイパービュー:1200円)に課金して鑑賞したメモ、記録、感想です。
(現在は朝倉未来選手のYouTube公式チャンネルで無料配信しています)

BreakingDown全試合公開
https://youtu.be/TrO3HHzeIj0
(朝倉未来のYouTubeチャンネル。最初の挨拶から諸々含めて1時間45分の動画)

1分最強の男を決める大会第0回大会
https://www.youtube.com/watch?v=RqEg7fc48pQ

(こちらはオフィシャルな第一回大会の前のテストマッチ。メンバーの吉田くんも出場)

Breaking Downというのは総合格闘家の朝倉未来選手が考案、企画した1分間1ラウンドで戦うアマ格闘技です。
(プロ3戦以下だったかな?セミ、ファイナルマッチはプロでした。その他細かく規定、ルールがあるんですが詳しくは後述&公式サイト参照の事)

漫画刃牙の作者、板垣恵介さんとのコラボ動画で路上で戦った場合一番強い格闘技は?の話題で相撲かな?となり...。

「刃牙の作者と対談してスパーリングしてみた」の動画の02:12辺り...。

ストリートでファイトした場合1分で警察来るでしょ?そんで1分間だったらスタミナとか計算全く要らないのでオッサンでも何の格闘技でも全力出し切れるでしょ?という無茶な...でも格闘ファンからしたら夢の様な大会なんです!

あと最初に書いておくとファイナルマッチはプロ経験者でUWF経験者の「菊野克紀」と大相撲経験者の「野尻和暉」。
セミファイナルが昨年年末のRIZINで勝利した炎上系YouTuberの「シバター」とお笑い芸人でシステマの使い手「みなみかわ」

【BreakingDown】試合結果速報=2021年7月4日(朝倉未来の1分MMA大会/菊野克紀、シバター参戦)(eFight電)

まず、始まって最初の方のアマの試合。で、自分的に面白かったバウトだけピックアップします。

キョウスケ vs ギャン朝倉(17:36)
https://efight.jp/result_s-20210704_581381(eFight電)

オッサン同士のブン回し。これはこれで荒くてリアルでイイ!

前半はそんな感じのブンブン丸スタイル多数、だがこれはこれでストリートファイト1分のリアルさでこれはこれでイイ!

そしていよいよ試合の旗色が変わって見えたのが下記のバウト。

田中"エーヤンダー"やんぶ vs 長倉秀一(26:13)
https://efight.jp/result_s-20210704_581433(eFight電)

41歳の長倉秀一と51歳の田中。田中は猫背で見た目...アレっ?みたいな...(失礼!)
パッと見では長倉選手有利っぽい感じ。しかも田中のパンツの位置!上過ぎ?長倉氏はトライフォースで練習してるらしい。
どちらも長髪を後ろでまとめてるよ...。ほんで試合前は田中氏の猫背っぷりと体格差で田中氏は...。という感じだったのですが!

最初からのブンブン丸同士でガンガンの当てあい!でも田中氏の打撃の方がハマってる。
そして長倉氏ダウン。

永戸竜也 vs 中吉繁幸(40:10)
『BreakingDown』空道の永戸竜也が合気道の中吉繁幸に勝利(eFight電)

この試合はこの見た目よ!空手対合気道!合気道の衣装が最高に極まっててイイ!これは異種格闘技戦をモロに象徴しててテンション上がります!

安井飛馬 vs 大黒力斗(59:28)
https://efight.jp/result_s-20210704_581527(eFight電)

上記のこの試合が一番面白かった!(ファイナル、セミファイナルを除いて)
朝倉選手選出のMVP賞も貰っていましたが。
柔道、安井飛馬 20歳が良かった!
相手は煽りでは喧嘩なら、という感じでした。柔道経験者対空手経験者、という。見た感じの体格差も結構ある感じ。安井の見た感じは細いし若いし...。未来さんも実況では喧嘩が強いやつが強いんで、ってことで大黒選手を推してましたが...。

組んで倒してからのパウンド!の連続!最後大黒選手は胴回し回転蹴りを放ったのですが当たらず...。

この試合のルールだとこの戦法が一番強いのでは?と思わされた試合でした。

セミファイナル:
シバター vs 芸人みなみかわ(1:24:58)
https://efight.jp/result_s-20210704_581539(eFight電)

シバターとみなみかわ氏については各自検索してもらうとして...。システマは...。っつても歯周病とは関係無いんですよ〜。

システマ (格闘技) Wikipedia
つっても芸人のみなみかわ氏の印象とは違って。ロシア、ソ連時代からの軍隊の近接格闘技技術、って印象だったのですが。

シバターはエンターテイナーで笑いも取って。かつ強くて凄い!RIZIN無敗、Breaking Down無敗、となってしまいましたが...。
でもラストの極めの時間は微妙な気が...。

そしてファイナルマッチは。

菊野克紀 vs 野尻和暉(1:30:24)
https://efight.jp/result_s-20210704_581572(eFight電)

プロ経験者でUWF経験者の「菊野克紀」と大相撲経験者の「野尻和暉」。
プロになればなるほど体重を細かく刻んで体重別になるくらい格闘技における体重差ってデカいのですが、本試合は45キロ差!

序盤は菊野選手が蹴りで距離を取って。途中菊野氏の蹴りで野尻氏のこめかみが怪我で出血。止血後試合続行。

朝倉未来の1分大会、菊野克紀が45kgの体重差を乗り越え59秒KO勝利【BreakingDown 結果速報】(eFight電)

この試合は本当のプロ、マジもんの格闘家、ファイター同士の試合で圧倒されました。
また菊野氏の試合後のコメントも良かったです。

で、まとめ...。

安井飛馬 vs 大黒力斗(59:28)
セミ、ファイナルマッチの次のベストバウトは俺的にはこの試合
この子強い!まだまだ強くなりそう!

この柔道安井20歳にはプロを目指して欲しいな...。
そして次回の?あれば?朝倉未来1年チャレンジに加入して欲しい。20歳なんだから...。

とか言うのが格闘技に疎いニワカオッサンのBreaking Downの振り返りメモでした。

下記は、その他気づいた点のメモです。

良かった点

AbemaTV配信でネット中心でtwitterなどで視聴者同士の盛り上がりが凄かった。
私の場合、AbemaTVのコメントをtwitter連携にしてて。AbemaTVでのコメントがハッシュタグ付きでtwitterにも投稿されて。twitterでの他の視聴者のコメントも観ていました。この辺の同期感、同時代感は盛り上がれて良かった。

改善が必要な点

寝技10秒問題

最初の原点から考えると試合止めちゃマズいのでは?と思いきや止めなかったら確実に事故発生ですよね...。
寝技系の人が寝技で10秒以内に極められるかといったら難しいと思うし。
非常に難しいので結論でませんが、ネットでもこの辺モヤモヤしてる意見多数っぽい模様。

ハーフタイム欲しい(トイレ休憩)

1分1ラウンドであっという間に決着付いたと思ったらすぐに次の試合、なので生配信で観てたんですがトイレ休憩の暇が無い!ので我慢して観てました...。
TVのスポーツ生中継だとCMやスポンサーの関係でハーフタイムはトイレ休憩とは言い辛いでしょうが。そして野球の様に攻守交代の際とか、格闘技でも次の試合の合間とかにトイレチャンスありますが。
設けて欲しい

煽りV繰り返し問題

途中で煽りvが繰り返し流されて...。初視聴だったら良いのですが、事前から注目していた層にとっては、またか...、みたいな?

以上です。

浅くて薄いメモですんませんでしたっ!
(^^)