iPhoneをpalmと比較して

  • Posted on
  • by
  • in

小生がpalmを買ってすぐの頃の日記(99年7月)
http://ivva.info/pub/diary/99/0713/index.html
正確にはIBMのOEMのworkpadです。hackではなく純正日本語化

2004年でもまだpalmを使っている日記
http://ivva.info/blog/archives/2004/0213142757.php

この頃は薄型のモデル(WorkPad c3 50J
http://akiba.ascii24.com/db/review/ce/terminal/2000/12/28/621535-000.html
を使用だったかな。

私の言うPalmというのは上記の辺りの機種で、PalmといいつつWindows Mobileなものは除外で。

■PDAとしてのプリインアプリ

もちろん、最初から強力なのをプラットフォーム提供者であるAppleが作ってしまうとサードパーティが育たない、というのもあるのかもですが。

Palm メーカー・ブランド一覧(Wikipedia)

上記のサイトを見ると分かるようにpalmには4つのボタンが付いてます。
4つのボタンに対応するように、palmにはあらかじめ4つのアプリがプリインストールされています。
スケジューラ、アドレス帳、Todo、メモ帳
の4つです。

Palmと違いiPhoneはToDoが標準で無いのが非常につらいです。スケジューラ、アドレス帳はOutlookとのシンクでまぁ快適。スケジューラ詳細については後述。
メモ帳でもシンクさえできれば、ToDoとして使えるのですが…残念ながら。

テキストのシンクはストレートにできません。後述しますが、姑息な技というか迂回方法なら…。

■PCとのシンク

palmの場合は上記4つをPCで管理するソフトも付いてきます(Palm desktop)。
やはり入力はPCの方が楽ですので、入力はPCで。
出先とか電車の中では閲覧のみの使用が多いので入力はそんなに困りません。
または、Outlookなどからシンクしてました。会社ではサイボウズとのシンクを行っている人もいました。

iPhoneはデスクトップ側のアプリはOutlookとは同期とれますが、それ以外はGoogleなどとも可能です。
ですが基本、メモ帳、Todoはシンクできません。
デスクトップ側のアプリも無いので。

小生は通勤は地下鉄での移動がメインなのでiPhoneでネットが使えず、なのです。
昔Palmを使ってた頃は、PCでWeb巡回ソフトで記事を取得してpalmにシンク。通勤中に読む、ということをしてました。
iPhoneでもそんなことが出来そうで出来ない!(あるけど調べ切れてないのかも…)

どうやら、RSSリーダーでクロールしてくれて無線断でも読めるリーダーあるらしいです。名前忘れた…。

つーことで無料で評判が良く、会社の同僚も薦めてくれた、evernoteをお試し中です。
こいつは強力そう!無料なのがまた良し。

んでEvernote等いろいろ試しましたが一長一短。evernoteはネットに繋がってないと使い勝手悪くて駄目だな。
Remember The Milkは高いので試してません。
PalmのTodo系ソフトに勝るのが無いみたい?

スケジューラもPalmのサードパーティアプリのAgendusに勝てるのが無いようだ。Agendusは非常に良くできたPIMソフト。昔も書きましたが、Palmを使うのを止めたのにPCでAgendusのデスクトップソフトを使ってました。端末側での一覧性もかなり良い。週間ビューも何種類かあったりとか小さい画面内での表示、一覧性などかなり追求されていました。

AgendusはWindows Mobile版もあるのか…。結構魅力かもだな。Dual Diamond。

「連絡先」のメモ欄をメモ帳として編集すれば、iPhoneまたはPCで編集してもシンクが出来る。
または、IMAPの下書きフォルダで編集するとか…。

ですが、これはお婆ちゃんの豆知識的な使い方だよな…。

やっぱMoblie meを使わないと駄目なんでしょうか?
よく分かりません。

■ソフトウェアの安定性

Safari(Webブラウザソフト)とかたまに落ちます!ひどいよこれは!大分改善されたようですがね…。
メールも長文打ってる途中にハングで全文喪失!したことあります。小まめに保存しないとです。
Palmにもブラウザありましたが。iPhoneみたいに大規模なアプリとかは無かったからしょうがないのかも。
OS自体もこれからアップデートされてより安定に向かうのかも。

ちなみにPalmではハングした記憶は無いかも…。Hack系ソフトではあったかな。
ていうくらい安定してました。

■iPhoneには検索機能が無い

Palmはプリインアプリだけではなく後からインストールした色々なアプリのデータ領域を横断的に検索できる機能がネイティブから付いていた。

やはりPDAと紙の手帳の最大の違いは検索機能にあると思うので。
連絡先の検索とか各アプリ個別のアプリ内のみの検索機能は不便です。
Google desktop検索みたいなことは不可能なんでしょうか?
電話機能、個人情報の絡みでデータ領域が断絶されている?よく分かりません。

■入力方法

キーボードが無いのはつらい。Palmも無かったのですが、Graffiti(グラフィティ)入力に慣れると結構簡単に文字入力できた。慣れるの大変かと思いきやプリインで入力方法を覚えるゲームも付いてきて遊んでると自然に覚えられます。
iPhoneではフリップ入力を練習してますがまだ慣れていません。

そしてコピペもまだ無いのが信じられません…。99年に買ったPalmでやすやすと実現しているのになんでですかね?入力アクションが決まってないだけ?

■結論

非常におしい。ネットとの融合ではPalmを超えている部分も多いです。
純粋なPDAとしては重要な部分がまだ欠けていると思う。

結論はPalmで携帯の端末、TREOとかが一番いいのかも。キーボードも付いてるし。

あくまでもPDAとしてはね…。
iPhoneはPDAという概念には当てはまらないかも、と思いました。