映画:楽園の夜(韓国映画、ネットフリックスオリジナル)

  • Posted on
  • by
  • in

映画:楽園の夜(韓国映画、ネットフリックスオリジナル)

https://www.netflix.com/watch/81342504

2020年の作品。

北野映画の影響強過ぎる、って話題になっていたらしいのを知って観てみました。
監督も北野武に影響されてるってのは否定してないらしい。

アウトレイジソナチネBrotherその男、凶暴につきHANA-BI、などに影響され過ぎでは?
影響されてるシーンや演出挙げ始めるとキリが無いくらい…。

全体的な色調は青みがかっているトーンで統一。
海のシーンはキタノブルー、とまではいかないかもだけど、…結構きれいに撮っている。
だけど全体のトーンと比べると際立っていない、感じ。

影響強過ぎるどころか結構な序盤で丸パクシーン?
北野映画のあの作品のあるシーンと、あの作品のあるシーンを組み合わせて出来た?
あのシーンなんですが。

でもその元となった?と思われる北野映画のあるシーンも、某世界的なギャング映画のオマージュだったりするので…。
(こちらの元となった北野映画のシーンの方はパクリじゃなくて。そっくりなシーケンスなんですが、ちゃんと北野監督ならではの笑いも入れていて、きちんとキレイなオマージュになってます!)

この辺は後に下記に詳しく触れました。

映画: Brother (2000) Kitano Takeshi, 北野武
https://ivva.info/blog/archives/2022/0827230224.html

あと劇伴ね。
劇伴ってのはBGMとも意味違くて、シーンに合わせて映像の背景に流す音楽の事ね。

比較して見直したけどそんなに似てないかも。

『アウトレイジ 最終章』公開記念!3分でわかる「アウトレイジ」シリーズダイジェスト
ワーナー ブラザース 公式チャンネル

『楽園の夜』予告編 | Netflix

それ以外はオマージュ、と言えるかもですが…。

でも?だからこそ?北野映画好きな人には楽しめるかも。色々な意味で…(笑)

とは思いつつも、韓国ヤクザのしきたりや、少女がキーになってたり。
その他色々な要素もプラスされているのもあって、十分楽しめました。

あと、普通にストーリーとか演出とかも良かったです。
やっぱ韓国、そしてネットフリックスってのもあってか?北野映画のスケールを超えてるかも?

あと敵の武闘派の超悪い、凶暴なヤクザのボスに加藤浩次をヤクザ顔?にした様なそっくりな人が出てきます。

警察の悪徳刑事、ていうかアウトレイジで言う所の小日向文世、役的な人もキッチリ出てきます。

緊迫した食事シーンで。加藤浩次顔の人が何でジャージャー麺なんか奢らせられるんだ?とか言っても。
公務員が接待受けたらマズいでしょう〜。人事評価近いし、上司にヤクザの管理アレだって絞られたし…、
って柔らかい口調で対応してたのですが。

加藤浩次顔のヤクザがブチ切れてたら。その刑事もブチ切れて。

ってモロにアウトレイジ…、いや米のギャング映画や東映のヤクザ任侠ものまで遡り始めたらキリが無いから…。

この辺はヤクザ、ギャング映画で不変のシーンだからしょうが無いか。
しょうが無い?(笑)

でもこの食事会のシーンは、

主人公側のヤクザのボス(トチってしまい追い込まれてヤバい立場)
加藤浩次顔の武闘派ヤクザのボス
悪徳刑事

が、穏やかに食事しつつ、でも緊迫してるシーンで。
ブチ切れつつも駆け引き、で良いですね。

あと黒い高級車の車の列、が車間距離短めで走ってるのを上から撮ったシーンとか。
とかって言うとアウトレイジの丸パク過ぎるかと思われてしまいそうですが。
いや、これオマージュかなんだか、もうよく分からないよ…(笑)

少女がいいですね。ここが北野映画とは違うアクセントになっているかな。

ラストが凄い
想像と全然違った。