読書:舟を編む

  • Posted on
  • by
  • in

舟を編む (光文社文庫)、読了。

辞書を作る人々の物語。巨大辞書なので1冊作るのに15年もかかります。
社内でも最初は厄介者扱い。そして15年もの物語なので1章過ぎると3年ぐらい大胆に時系列が移っています。
主人公の馬締(まじめ)はその名の通り真面目で辞書を作るのに値する特殊能力を秘めています。
というか単なる言葉オタクなのかも...。でも単なるオタクでは済まない壮大な規模の作業...。
最後の方には学生バイトが50人ぐらい雇われます。

そして辞書作りの裏側も精密に描かれていて非常に面白かったです!


受賞歴

2012年本屋大賞 大賞受賞 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。
内容紹介

玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。