漫画:望郷太郎

漫画:望郷太郎
https://amzn.to/3ibeSgW

へうげもの』で有名な山田芳裕の漫画。

大寒波襲来、壊滅的打撃、世界初期化。人工冬眠から500年ぶりに目覚めた舞鶴太郎(まいづるたろう)は、愛する家族も財産も全て失った。絶望の淵から這い上がり、理想の暮らしと生きがいを求めて、祖国「日本」を目指す。ヒトのと文明の歴史をさかのぼるグレートジャーニー。人類よ、これが未来だ。

赴任先のイラク共和国で、世界的な大寒波から逃れるため人工冬眠に入った商社マンの舞鶴太郎は、それから500年後の世界で目を覚ます。文明が崩壊した世界で、故郷の日本を目指して旅する男を描いたSFサバイバル。

主人公は超財力があり、地球の大寒波の襲来に備えて中東に家族と移住。
気温は50度、で大丈夫なはず…。

さらに地下にコールドスリープの施設を財力で作り上げ。家族と共に睡眠へ。
が、自分だけ睡眠から覚めたが…500年後の世界…。

大寒波の後の地球はどうなってんの?

そして主人公は中東から日本へ目指す。
徒歩で。
資源乏しい中。

まさにグレートジャーニー。

そもそも大寒波の後、生き物は居るのか?
ヒトはいるのか?

ここからは微妙にネタバレね。微妙に。

ヒトと出会うのですが500年後で大寒波の後。
言葉から何から一切通じない。

が、彼らの生活は一日2,3時間果物や馬の管理するだけで楽に食っていける。
石器時代って辛いと思っていがこんなに楽なの?

そして役に立つ仕事が出来ないで、与えられてばっかりの主人公が気まずくなり。

ある記憶していた文明の利器を。
簡単に木や地面で利器を説明して利用するように促すが!

そもそも、そんな概念以前の世界!文明とかの概念が…。
(ここで大きな衝撃が!仲良く暮らしてますが…?それ以前の概念!)

それらを主人公が覆したのは…。
狩りも体力も敵わないのだが、ある一点で彼らの本能に直撃させ、びっくりさせる!
しかも非暴力的な方法ではなく平和的な方法で。

そして文明退廃後の生活で弓を作るのには拾ったカーボンを材料に使うという。

(この辺がコールドスリープで遠い未来に目覚めちゃったけど系?のSFによくある面白い所ね。なので生産は出来ないけど複雑な機器はメンテの技術が残って無くてほとんど使えず。単純な構造で腐らない様なものは微妙に残っていて使えるという味付け?)

さらにこの辺は以前書いた、

メモ:思考実験:スジャータのコーヒーフレッシュ復活までにかかる時間

に近いかも?上記の妄想が漫画化してくれた!みたいな?

ここから日本へ向かって進んでいくのですが。

途中驚きの展開多数なのですが、これ以上何も情報知らない状態で読むのがオススメ。
(本記事最下部に最新第7巻のあらすじをクリックしたら表示にして掲載)

なんか昔漫画読んでて似たような感想というか感慨深く考えてしまった思い出があるのですが…。

ようやく思い出しました。

MOONLIGHT MILE
https://amzn.to/3OGCF4z

MOONLIGHT MILE、ムーンライトマイルはちょい近未来で宇宙に進出、月開発を目指す、んだけど…。
結局人類がやってる事で変わりないのかぁ〜という無常感ね。
てかムーンライトマイル未完だよね?まだ。

で、本作漫画:望郷太郎は今7巻まで出てて。
アマゾンの7巻の説明文には大分進んだあらすじが書いちゃってあるので、そこも読まないのをオススメ。

まだ連載中。

週刊「モーニング」で年2回の「ブロック連載」中。

モーニング読んでないので「ブロック連載」の意味が分からないけど。
年2回掲載じゃなくて、年に2回、まとめて何話か掲載ってことかな?

第一話無料
https://comic-days.com/episode/10834108156683852712

で、話は全然変わりますが。

コールドスリープで早く目覚めちゃった系のSF映画で好きなのは、下記です。

映画:パッセンジャー
https://ivva.info/blog/archives/2020/0423000800.html

で、7巻ではどこまで話が進んでるかというと…下記ネタバレ


spoiler

貨幣「マー」の力で近隣国を支配している大国マリョウに到着
色々あって上級市民権を手に入れ選挙に出馬
新参者なので当選の見込みは薄い、はずですが、色々あって支持母体は宗教
さらに金貸しから大量に通貨「マー」を借金
さらに新通貨の発行権を握るために紙幣を製作する工場を設立
ネズミ講で広めようとする…

敵対勢力は極秘の技「写真」で選挙立候補者の弱みを握る…

spoiler

コメント

タイトルとURLをコピーしました