読書:まほろ駅前狂騒曲

  • Posted on
  • by
  • in

まほろ駅前狂騒曲、読了。
本書は3作目。

1作目を読んだ時の記録、読書:まほろ駅前多田便利軒
2作目を読んだ時の記録、読書:まほろ駅前番外地

3作目なので登場人物も大分増え物語に厚みを加えている。
どんどん物語は拡大していきスラップスティック・コメディ的に大混乱に。でも突如として悲惨な出来事に。
静かに、やや悲しげな終わり方をするかと思ったらそうは問屋がおろさない。
さすがです。面白かった。一気読み。

いまは同著者の人気作、舟を編む (光文社文庫)を読書中。

内容(「BOOK」データベースより) いつもの奴らがなぜか集結―?まほろ駅前は大騒ぎさ!四歳の女の子「はる」を預かることになった多田と行天。その後なんとバスジャック(?)に巻き込まれることに―。