読書:パラダイス・ロスト

  • Posted on
  • by
  • in

パラダイス・ロスト (角川文庫)、読了。

3作目。1、2作目の感想は下記。
読書 : ジョーカー・ゲーム
読書 : ダブル・ジョーカー

段々テンション下がってきてるか。それでも惰性で読んでしまったのだから。映画化されたようですがそれはどうでもいいかな。

内容紹介
スパイ組織"D機関"の異能の精鋭たちを率いる"魔王"――結城中佐。その知られざる過去が、ついに暴かれる!? 世界各国、シリーズ最大のスケールで繰り広げられる白熱の頭脳戦。究極エンタメ!

内容(「BOOK」データベースより)
大日本帝国陸軍内にスパイ養成組織"D機関"を作り上げ、異能の精鋭たちを統べる元締め、結城中佐。その正体を暴こうとする男が現れた。英国タイムズ紙極東特派員アーロン・プライス。結城の隠された生い立ちに迫るが...(「追跡」)。ハワイ沖の豪華客船を舞台にした初の中篇「暗号名ケルベロス」を含む全5篇。世界各国、シリーズ最大のスケールで展開する、究極の頭脳戦!「ジョーカー・ゲーム」シリーズ、待望の第3弾。